元自動車会社社員という異色の韓流テノール歌手が日本デビュー | RBB TODAY

元自動車会社社員という異色の韓流テノール歌手が日本デビュー

エンタメ 音楽

フィージン
  • フィージン
  • フィージンオフィシャルホームページ
 優しくて力強い感動的な歌声と、自動車会社に就職後にオペラ歌手を目指したという異色のキャリアをもつ韓国出身のテノール歌手フィージンが、11月9日にシングル「ただ愛のために/10月のある素敵な日に」で日本デビューする。

 貧しい少年時代を過ごしたフィージンは、歌の才能に恵まれるものの、経済的な事情で音楽大学への進学を断念。高校卒業後は自動車会社に就職し、働きながら睡眠時間を削って歌のレッスンを続けた。そして、名門ソウル大学の声楽科に合格するも、大学卒業後に3年間の軍隊生活で喉を故障してしまう。それから1年半のリハビリを経て、2008年に韓国で念願の歌手デビューを果たした。

 数々の逆境を乗り越えて歌手となったフィージンの魅力はクチコミで日本にも広がり、今年1月には紀尾井ホール(千代田区)を日本デビュー前にして満員にしている。また、11月14日には東京オペラシティでのソロリサイタルも決定。1,600名が収容できる規模のホールでCDデビュー前にソロコンサートを行うのはクラシック系アーティストとしては異例とのこと。注目度の高さがうかがえる。

 日本デビュー曲「ただ愛のために」は、坂本冬実の「いま君に恋してる」や氷室京介の「KISS ME」などで知られる松井五郎氏が作詞を担当。温かさに包まれた壮大な楽曲に仕上がっている。フィージンのホームページでは、同曲の試聴が可能だ。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top