au2011年秋冬モデル「HTC EVO 3D」……WiMAXスマホの後継モデル | RBB TODAY

au2011年秋冬モデル「HTC EVO 3D」……WiMAXスマホの後継モデル

IT・デジタル モバイル

htc EVO 3D
  • htc EVO 3D
  • htc EVO 3D
 「HTC EVO 3D ISW12HT」はWiMAXテザリング対応の「HTC EVO」後継モデル。

 ハードウェアの性能はさらに強化され、1.2GHzのデュアルコアCPUを搭載し、4.3インチのQHD(960×540)ディスプレイ、外部カメラ500万画素/フロントカメラ130万画素、1GBメモリを採用。DLNAもサポートする。WiFiはIEEE802.11 b/g/n対応でBluetooth 3.0、GPSを備える。

 よく使うアプリを少ないタッチ数で立ち上げられる独自の操作UI「HTC SENSE」や映像コンテンツサービス「HTC WATCH」なども盛り込んでいるハイエンドモデルだ。端末名の通り、3D映像の裸眼表示にも対応する。

 モトローラの「PHOTON」とはほぼ同スペックだが、説明員によると「HTC WATCH」などの映像コンテンツが充実しているHTC EVO 3Dはややエンターテインメントがメインで、PHOTONはどちらかというとビジネス寄りとのこと。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top