UQ WiMAX、新たに国内11空港で利用可能に | RBB TODAY

UQ WiMAX、新たに国内11空港で利用可能に

ブロードバンド 回線・サービス

UQのサービスが利用可能な空港
  • UQのサービスが利用可能な空港
 UQコミュニケーションズは15日、新たに、新潟空港、小松空港、広島空港、高松空港、松山空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、宮崎空港、鹿児島空港、那覇空港の11空港で、「UQ WiMAX」が利用可能になったことを発表した。

 従来は、全国各地の8空港において利用可能となっていた。これにより、全19空港でUQ WiMAXサービスが利用可能になったとのこと。UQ WiMAXサービスの無料オプションサービスである「UQ Wi-Fi」の利用が可能な空港を含めると、国内26空港でUQのサービスが利用できるようになったとのこと。

 現在、UQ WiMAXサービスが利用可能な市区町村数は全国651市区町村に拡大し、実人口カバー率は全国72%、政令指定都市95%に達しているという。今後は、首都圏および中部・関西圏などの鉄道路線についても、整備を進める予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top