安価な放射線測定器の使用に注意……国民生活センター | RBB TODAY

安価な放射線測定器の使用に注意……国民生活センター

ブロードバンド その他

総相談件数を契約購入金額別にみたグラフ
  • 総相談件数を契約購入金額別にみたグラフ
  • テスト対象銘柄
  • テスト対象銘柄
  • PSE マークの表示が見られず、プラグの栓刃に穴がない例
 国民生活センターには、震災以降2011年7月末までに「放射線測定器」に関連する相談が391件寄せられた。同センターでは9日、放射線測定器に対する関心が高まっていることを背景に、比較的安価な放射線測定器の性能テストを実施し、その結果を公表した。

 テストに使われたのは2011年6月下旬に楽天市場、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピングで、「売れ筋」「おすすめ」などで上位に掲載されていた1万円以上10万円未満の放射線測定器9銘柄(参考品として校正済NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータについても同様にテスト)。

 結果、自然放射線の測定試験では、参考品を除く9銘柄は通常の環境程度以下の自然放射線を正確に測定できなかった。また、セシウム137由来のガンマ線測定試験については参考品を除く9銘柄は、ばらつきも誤差も大きいため、正確な測定はできなかったとしている。なお、インターネット通信販売サイトには、放射線を正確に測定できる旨の表示がされていたが、4銘柄は仕様に記載のある誤差範囲を超えていたという。さらに2銘柄で充電器にPSEマークの表示がなく、プラグの栓刃に穴がなかったため電気用品安全法に抵触するおそれがあると考えられた。

 国民生活センターでは、今回テストを実施した放射線測定器では、食品・飲料水などが暫定規制値以下かどうかの測定はできないので、こうした目的で購入・使用することは避ける、環境中の放射線を測定する場合、公表されているデータ等を参考にし、測定器の示す値を直ちに信頼することは避けるよう注意を促している。

 また、同センターでは行政に対し、比較的安価な放射線測定器では、食品や飲料水等が暫定規制値以下かどうかの判定はできないことを周知徹底するよう要望している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top