NEC、金融情報ベンダーQUICK社の次世代情報配信基盤を構築 | RBB TODAY

NEC、金融情報ベンダーQUICK社の次世代情報配信基盤を構築

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Express5800/スケーラブルHAサーバ(A1080a)
  • Express5800/スケーラブルHAサーバ(A1080a)
  • システムのイメージ図
 日本電気(NEC)は19日、国内最大の金融情報ベンダーであるQUICKの次世代情報配信基盤を構築したことを公表した。大容量データをリアルタイム高速処理するオープン・ミッション・クリティカル・システム(OMCS)をLinuxベースで構築したもので、6月から稼動を開始している。

 東京証券取引所では2010年1月より、次世代株式売買システムを稼動させており、アルゴリズム取引の普及にともなって、金融マーケットでは市場情報が増大している。このような背景を受け今回NECとQUICKでは、東証からの情報量増大に対応するため、システムアーキテクチャを刷新し、大量の情報を受信して、それぞれを数十台のサーバへ一斉配信する処理をミリ秒オーダで実現させるOMCSを構築した。

 このシステムは、「Express5800/スケーラブルHAサーバ」、Red Hat Enterprise Linux v.5と、システムの信頼性を強化する基盤ミドルウェア(MC SCOPE)からなる「Enterprise Linux with Dependable Support」、マイクロ秒オーダの高速なデータアクセスとスケーラブルな並列動作性を特長したミドルウェア「InfoFrame Table Access Method」で構成されているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top