NTT Com、IPv6対応の無線LAN付きブロードバンドルータ | RBB TODAY

NTT Com、IPv6対応の無線LAN付きブロードバンドルータ

IT・デジタル 周辺機器

「DS-RA01」
  • 「DS-RA01」
  • 「フレッツ 光ネクスト」の公式サイト画面(NTT東日本)
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は9日、「インターネット(IPv6 PPPoE)接続機能」対応の無線LAN付きブロードバンドルータ「DS-RA01」を発表した。販売開始は25日。価格は9,240円。

 「DS-RA01」は、NTT東日本および西日本が提供する「フレッツ 光ネクスト」回線に対応するブロードバンドルータ(日立製作所製)。6月1日からNTTコミュニケーションズがOCNサービスで提供している「フレッツ 光ネクスト」回線の「IPv6インターネット接続サービス」と合わせて利用することで、IPv6アドレスを使った通信が可能となる。

 また、PPPoEによるIPv4のインターネット接続機能や無線LANアクセスポイント(802.11b/g/n)機能を標準装備。1台でIPv6とIPv4の双方の接続が利用できる。

 IPv6 PPPoE、IPv4 PPPoEによりISPに接続でき、IPv6 NAT(NAT66)、NGN経路情報設定によりNGNへの通信が可能。本体配下の端末からは、IPv4パケットのブリッジやWiFi接続(802.11b/g/n)が行なえる。さらに、法人向けOCNで提供しているIPv6トンネル接続サービス(IPv6 over IPv4)の接続用ルータとしても利用できる。

 おもな仕様として」、WANポートは1、LANポートは4で、無線LANアンテナはダイバーシティ方式の送信/受信が各2。本体サイズは幅40×高さ135×奥行き149mm(突起部除く)、重さは400g以下(電源アダプタ除く)。

 なお、利用にあたっては、「OCN 光 with フレッツ」「OCN 光 フレッツ」の個人向けOCNサービス、もしくは「OCN光アクセス フレッツ 光ネクストプラン」「OCN光サービス フレッツ 光ネクストプラン」の企業向けOCNサービスの契約が必要となる。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top