IIJ、スマホ向け著作権保護・管理「DRMサービス」発表……マイクロソフトPlayReady採用 | RBB TODAY

IIJ、スマホ向け著作権保護・管理「DRMサービス」発表……マイクロソフトPlayReady採用

エンタープライズ セキュリティ

PlayReadyの概要(Overview White Paperより)
  • PlayReadyの概要(Overview White Paperより)
  • PlayReady紹介ページ
 インターネットイニシアティブ(IIJ)は14日、マイクロソフト社が提供するデジタル著作権管理システム「PlayReady」を用いて、端末への視聴ライセンス発行機能などを提供するDRM(Digital Rights Management)サービスを発表した。

 「PlayReady」は、マイクロソフト社のデジタル著作権管理(DRM)システムの新技術。Windowsだけでなく、Android、iOSなど幅広い端末で実装可能。今春発売の一部のスマートフォンから、PlayReadyが搭載され始めている。

 今回IIJでは、PlayReadyを搭載したスマートフォンでのコンテンツ保護にも利用可能なDRMサービスを提供する。これによりコンテンツ事業者は、自社でDRMシステムを構築、所有することなく、短期間で著作権が保護されたコンテンツの配信サービスを開始することが可能となる。今後サービス利用を検討する企業に対して、9月より試験サービスを提供、10月以降に本格サービスを開始する。

 IIJでは、広帯域を要するコンテンツ配信に最適なシステムを提供する「IIJ大規模コンテンツ配信サービス」を提供しており、「DRMのASPサービスとあわせて、PCだけでなくスマートデバイス向けにも高品質で安定したコンテンツ配信環境をトータルに提供していく」としている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top