ミルモ、Android向け音楽・動画配信用プラットフォームを開発……電通、MS、IIJ等と協力 | RBB TODAY

ミルモ、Android向け音楽・動画配信用プラットフォームを開発……電通、MS、IIJ等と協力

エンタープライズ モバイルBIZ
協力各社の相関図
  • 協力各社の相関図
  • 音楽配信イメージ
  • 「millmo Media Player」画面
  • 音楽再生画面
 ミルモは3日、WindowsMedia DRMおよびPlayReadyに対応するAndroid端末向けの音楽・動画配信プラットフォームを、マイクロソフト、電通、インターネットイニシアティブ(IIJ)、パケットビデオと協力して開発したことを発表した。

 2010年末より複数のコンテンツプロバイダーと連携したWindows Media DRMおよびPlayReadyに対応する音楽・動画配信サービスの提供を開始する。ミルモはこれに先立ち、パソコンとAndroid端末内の音楽・動画コンテンツを管理・再生できる音楽・動画アプリケーション「millmo Media Player」の提供を同日より開始した。対応端末は、ドコモスマートフォンLYNX SH-10B(Windows Media DRM対応端末)、HT-03A/Xperia、au IS01(Windows Media DRM対応端末)、Softbank:HTC Desire X06HT、Nexus One。MP3・WMA・AAC、WMV・MPEG4形式に対応する。Android Marketからダウンロード可能。

 「millmo Media Player」は、Android端末内の音楽・動画コンテンツをアーティスト別、タイトル別、楽曲別、動画別に管理・再生する機能をもつアプリ。パソコン向けに配信されているWindowsMedia DRMに対応した配信サービスで購入した楽曲や動画、CDから取り込んだ楽曲やユーザーが保存する動画を、パソコン向けのWindowsMedia Playerと「millmo Media Player」を同期させる事によって、Android端末に手軽に転送する事が可能。

 なおミルモは9月3日より、「ドコモスマートフォンLYNX SH-10B」(シャープ製)にプリインストールされている「millmofor SH widget」より、「millmo Media Player for SH」のダウンロードによる提供も開始する。SH-10Bは、WindowsMedia DRMに対応しており、「millmo Media Player for SH」をパソコン向けWindowsMedia Playerと同期する事によりパソコン内に保存される音楽・動画ファイルを、Android端末に転送する事が可能。

 あわせてパケットビデオが、Android端末を製造する端末メーカーに対し、WindowsMedia DRMおよびPlayReadyを利用して「millmo Media Player」を使用するための配信ソリューション(MediaFusion)を提供する。今後ミルモは、マイクロソフトが提供するWindowsMedia DRMの最新のバージョンである「PlayReady」によるコンテンツ配信の実現に向け、配信プラットフォームの構築を進める。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top