【地震】メディカルアイとケイ・オプティコム、「医療クラウド」サービスを無償提供 | RBB TODAY

【地震】メディカルアイとケイ・オプティコム、「医療クラウド」サービスを無償提供

ブロードバンド その他

ケイ・オプティコム「医療クラウド」の概要
  • ケイ・オプティコム「医療クラウド」の概要
  • メディカルアイ「医歩ippo」の概要
  • 「医療クラウド」サービス無償提供の概要
 メディカルアイとケイ・オプティコムは30日、被災地における医療を支援するため、クラウド型電子カルテ「医歩ippo」およびSaaSクラウド基盤サービス「医療クラウド」の3か月間の無償提供を発表した。6月1日より実施する。

 本サービスはクラウド型電子カルテのため、サーバの設置や工事などが不要で、インターネットが利用可能な環境があれば、どこでもすぐ利用できる。現在手書き中心で行われている、被災地における臨時診療所などでの診療情報や処方情報などの蓄積、および現地医師とボランティア医師間の情報共有や引き継ぎなどが電子化でき、連携がスムーズに行える見込みだ。

 メディカルアイがクラウド型電子カルテ「医歩ippo」を被災地向けに入力内容を簡素化して提供、ケイ・オプティコムがSaaSクラウド基盤サービス「医療クラウド」を提供する。提供対象は岩手、宮城、福島の3県に所在する医療機関など(無床クリニック用カルテが利用可能な医療機関または地方自治体)。申し込みの翌月より3か月間、無償で提供する。申込期間は6月1日~11月30日。問い合わせ先は「メディカルアイ 災害カルテ担当」(TEL:03-5408-0870 FAX:050-3737-0870 電子メール:info@medical-i.jpまで)。

 無償提供期間終了後、被災地向けに簡素化したカルテの提供は終了。利用を継続する場合は、通常の電子カルテサービスを有料利用可能。また利用を中断した場合、標準形式にて診療データを引き渡し可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top