NEC、300床以上の病院を対象にした電子カルテシステム「MegaOak/iS」発売 | RBB TODAY

NEC、300床以上の病院を対象にした電子カルテシステム「MegaOak/iS」発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「MegaOak/iS」概要
  • 「MegaOak/iS」概要
 日本電気(NEC)は8日、MegaOak電子カルテシリーズのラインアップの拡充として、300床以上の病院を対象にした「MegaOak/iS(メガオーク アイエス)」の販売を開始した。11月より出荷を開始する。

 「MegaOak/iS」は、医師の指示を起点とした病院の業務プロセスに対応した機能を有する電子カルテシステム。診療科や疾患ごとに画面が設定できる「クリニカルデスクトップ機能」により、診療内容に合わせた「指示」「カルテ入力」「文書作成」等を一画面で行うことができる。

 さらに、医療スタッフ間のより綿密なコミュニケーションを支援する「ワークアシスタント機能」も提供。医療スタッフによるメモや検査結果の通知等をさまざまな端末から入力・閲覧でき、検査の異常値などのアラート通知なども可能となっている。

 その他検査結果や投薬・注射の状況など参照したい項目をピックアップして一覧表示する「モニタリング機能」、カルテ記事・各種文書・サマリ・レポートなどをマップ形式で表示する「ヒストリーマップ機能」、院内の全患者のカルテからのキーワード検索を行う「全文検索機能」を装備する。スマートフォンやタブレット端末での利用にも対応する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top