高橋名人がハドソン退社を報告「今後もゲームの楽しさを伝えていきたい」 | RBB TODAY

高橋名人がハドソン退社を報告「今後もゲームの楽しさを伝えていきたい」

エンタメ ブログ

 ゲーム機のコントローラーのボタンを1秒間に16連打する“16連射”で、ファミコン時代の子どもたちから人気を集めた“高橋名人”こと高橋利幸氏が、ハドソンを退社することをブログで報告した。

 23日に52歳の誕生日を迎えた高橋氏は、同日付のブログで「本当に急な話で申し訳ございませんが5月31日でハドソンを退社する事になりました」と報告。2005年にスタートした同ブログも閉鎖するという。

 今後については「ゲーム業界全体を応援し、またゲームの楽しさを伝えていけるように頑張っていきたいと思っています」「ゲーム業界を…いや、そんな大きな事じゃなく、私が気に入ったゲームを、一本でも多く、みなさんに紹介出来る様に頑張っていければと思っています」とつづっている。

 「みなさんの前に出させていただいてから、26年という長い期間暖かいご声援をいただけた事は、私の中でも非常に大きな部分となっています」と感謝をつづる同氏は、「これからも、ハドソンともども応援していただければ幸いです」とブログを締めくくった。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top