来日中のジャスティン・ビーバーが被災地の学生と交流 | RBB TODAY

来日中のジャスティン・ビーバーが被災地の学生と交流

エンタメ 音楽

交流会の様子
  • 交流会の様子
  • 交流会の様子
 来日中の人気歌手ジャスティン・ビーバーが18日、ルース駐日米国大使公邸にて東日本大震災被災地の学生と交流を図った。ルース駐日米国大使の主催で行われたこの交流会には岩手県、宮城県の学生が招待された。

 会場となったルース駐日米国大使公邸に登場したジャスティン・ビーバーは、部屋に入ると学生たちが座っているソファーの真ん中に着席。まわりの学生たちに「元気ですか?」と日本語で話しかけたり、ひとりひとりに年齢を聞くなど、積極的にコミュニケーションを取った。大槌町からきた少年に手作りのカードを手渡されたビーバーは「こんな素晴らしいカードをありがとう。僕じゃ作れないよ」とコメントした。

 学生たちとコミュニケーションをとった後はジョン・ルース駐日米国大使、ジョナサン・フリード駐日カナダ大使とも意見を交換し、「僕もこれからはいいことしか起こらないと信じたいです。今回の震災で被害を受けた人に僕の祈りを届けたいです」と話した。

 ジャスティン・ビーバーは日本語版のTwitterアカウントを開設しており、そちらでも「これから良くなっていくと思います」とつぶやいている。ルース駐日米国大使もTwitter上で「ジャスティン・ビーバーさんの来日は、日本は渡航先として安全な国でありビジネスにも開かれた国であるという、世界に向けた強い声明の発信になります」とつぶやいている。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top