【地震】ソフトバンクテレコム、復興支援の特別支援プロジェクトで韓国KT社と協業 | RBB TODAY

【地震】ソフトバンクテレコム、復興支援の特別支援プロジェクトで韓国KT社と協業

エンタープライズ 企業

KT社 代表取締役社長 李錫采氏
  • KT社 代表取締役社長 李錫采氏
  • 韓国KT社サイト(画像)
 ソフトバンクテレコムは27日、韓国最大の通信事業者KT Corporationと、データセンターサービス事業において提携したことを発表した。KT社の提供するデータセンターサービスを日本企業向けに提供するための協力関係を推進する。

 ソフトバンクテレコムとKT社は、事業継続、および産業復興への支援を目的に特別支援プロジェクト立ち上げ、このプロジェクトを通して、韓国KT社のデータセンターサービスを、日本と同等の高い品質で提供することで合意したとしている。すでに日韓間の回線を大幅に強化・増速する準備に着手しており、今夏を目処にデータセンターサービスの提供を開始する。

 KT社の代表取締役社長の李 錫采(イ・ソクチェ)氏は「私は日本企業が団結することによって、この困難を早急に克服できると信じております。KT社は日本企業が安定かつ迅速に通常業務に戻れるように、データセンター事業を中心としたクラウドサービスを通して積極的にサポートしてまいります。」とのコメントを寄せている。

 一方ソフトバンクグループ代表の孫 正義氏は「日本にとって大変厳しい状況のなかで、いち早くKT社が日本の産業復興へのご支援を表明していただいたことに感銘し、大変感謝しております。今後ソフトバンクテレコムはKT社との強力なパートナーシップのもと、この特別プロジェクトを通して日本を元気にするための産業復興に大きく貢献できると確信しています」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top