グリー、ゲームプラットフォームの米OpenFeintを完全子会社化…iPhoneゲームなどで2万社近くが採用 | RBB TODAY

グリー、ゲームプラットフォームの米OpenFeintを完全子会社化…iPhoneゲームなどで2万社近くが採用

エンタープライズ 企業

「OpenFeint」を採用したゲームの例。ランキングや友人との対戦機能を簡単に実装できる
  • 「OpenFeint」を採用したゲームの例。ランキングや友人との対戦機能を簡単に実装できる
  • 「OpenFeint」社サイト(画像)
 グリーは22日、米国子会社のGREE Internationalを通じ、スマートフォン向けソーシャルゲームプラットフォームを運営するOpenFeint社(オープンフェイント)の株式を100%取得し、子会社化する契約を締結した。

 「OpenFeint」は、iOSおよびAndroid向けゲームにランキングやアチーブメント、友人との対戦機能やフォーラム/チャットなどのコミュニティ機能を追加できるソーシャルゲームプラットフォーム。現在、約19,000社のゲームデベロッパーに提供されており、全世界で約7,500万ユーザーが利用している。たとえばApp Storeのゲームカテゴリで1位にランキングされた実績のある「Tiny Wings」をはじめ、「Rhythm Racer」「Touch Hero」など、計5,000以上のゲームが、「OpenFeint」に対応しています(2011年4月現在)。

 グリーは今回の買収により、2,506万ユーザー(2011年3月末現在)が利用するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」と、スマートフォン向けゲームにコミュニティ機能を追加できるソーシャルゲームプラットフォーム「OpenFeint」で、1億ユーザーを超える世界最大級のモバイル端末向けソーシャルプラットフォームを構築することとなる。さらに、ソーシャルゲーム事業についても、現在国内で提供中の自社ソーシャルゲームに加え、今後、国内外で新規に開発するゲームの海外提供を進める予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top