レノボ、薄型化を図った15.6型/14型ノート「ThinkPad Edge」 | RBB TODAY

レノボ、薄型化を図った15.6型/14型ノート「ThinkPad Edge」

IT・デジタル ノートPC

「ThinkPad Edge E520」ミッドナイト・ブラック
  • 「ThinkPad Edge E520」ミッドナイト・ブラック
  • 「ThinkPad Edge E520」側面
  • 「ThinkPad Edge E420」ミッドナイト・ブラック
  • 「ThinkPad Edge E420」ヒートウェーブ・レッド
 レノボ・ジャパンは、ビジネスノートThinkPad Edge」シリーズの新モデルとして、薄型化を図った15.6型「ThinkPad Edge E520」/14型「ThinkPad Edge E420」を発表した。

 「E520」は、仕様違いで4製品をラインアップ。すでに販売を開始し、価格はオープン。同社直販サイト価格は、Core i5-2410M(2.3GHz)/500GB HDD/Office Personal 2010搭載の「1143RZ5」が140,700円、同Office非搭載の「1143RZ6」が119,700円、Core i3-2310M(2.1GHz)/320GB HDD/Office Personal 2010搭載の「1143RZ4」が124,950円、同Office非搭載の「1143RZ3」が103,950円。

 「E420」は、販売開始が4月下旬。BTO対応でweb限定販売となり、液晶サイズを除き仕様/直販サイト価格は、ほぼ同様となる見込み。

 両モデルとも、従来の「ThinkPad Edge」シリーズとの比較で、本体サイズの高さを約10%薄型化。デザインは従来品を踏襲しつつ、天板に丸みを帯びさせ、マットな手触りをもたせるなど高級感を演出したという。また、CPUにはインテルの第2世代Coreファミリーを採用した。

 「E520」のおもな仕様として、液晶の解像度は1,366×768ピクセルでLEDバックライト付き、OSはWindows 7 Professional 32ビット版、メモリは2GB(最大8GB)、光学ドライブはDVDスーパーマルチ、無線LANは802.11b/g/n、インターフェースはHDMI/USB2.0(うち1つはeSATA共用)/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/4in1メディアカードリーダーなど。

 Bluetooth 3.0/webカメラを内蔵。本体カラーはヒートウェーブ・レッド/ミッドナイト・ブラックの2色。本体サイズは幅380×高さ29.3~33.7×奥行き248.5mm、重さは2.6kg(バッテリ含む)。

 「E420」のおもな仕様として、液晶の解像度は1,366×768ピクセルでLEDバックライト付き、OSはWindows 7 Professional 32ビット版、CPUはCore i7-2620M(2.7GHz)/Core i5-2410M(2.3GHz)/Core i3-2310M(2.1GHz)、メモリは最大8GBのDDR3、光学ドライブはDVDスーパーマルチ、インターフェースはUSB2.0(うち1つはeSATA共用)/4in1メディアカードリーダーなど。本体カラーはヒートウェーブ・レッド/ミッドナイト・ブラックの2色。本体サイズの最薄部の高さは29.3mm、重さは2.37kg(バッテリ含む)。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top