千秋、地震で負傷して手術をしていた「思い出してもこわい」 | RBB TODAY

千秋、地震で負傷して手術をしていた「思い出してもこわい」

エンタメ その他

千秋オフィシャルブログ
  • 千秋オフィシャルブログ
  • 千秋25日付ブログ(一部)
 タレントの千秋が東北地方太平洋沖地震で負傷し、手術をしていたことがわかった。

 千秋は25日に「一生懸命、生きる」と題してブログを更新。「地震の時にガラスで指を深く切ってしまい、血だらけになって病院に行ったら、腱や骨まで損傷があり、その場で手術をしました」と明かし、「骨にドリルで穴を開けて…という思い出してもこわい処置でした」とそのときの様子をつづっている。

 ケガは全治5週間とのことだが、現在は元気を取り戻したようで、「ワタシ達が元気で頑張って日本を支えて、一日も早く被災地に笑顔が戻るように、一生懸命、生きます! みんなで一緒に頑張りたいな」と締めくくっている。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top