ロンブー淳が呼びかけた“街頭カンパ”、2000人がカイロ3万8000個など寄付 | RBB TODAY

ロンブー淳が呼びかけた“街頭カンパ”、2000人がカイロ3万8000個など寄付

エンタメ その他

Twitterでカイロ38,524個、電池12,263個、懐中電灯464個が集まったと報告
  • Twitterでカイロ38,524個、電池12,263個、懐中電灯464個が集まったと報告
  • 岩手県地域福祉課からお礼のツイートも
  • カンパの模様を映した動画も公開。一人一人に淳が声をかけている
 ロンドンブーツ1号2号の田村淳が呼びかけ、16日に行われた東日本大震災の被災者に向けた救援物資の“街頭カンパ”で、カイロ38,524個などが集まったとTwitterで報告。協力してくれた参加者に感謝の意を表している。

 田村淳Twitter(@atsushilonboo)によれば、東京、大阪物資の集計はカイロが38,524個、電池が12,263個、懐中電灯464個で、カンパしてくれた人は東京1,464人、大阪710人だったという。淳はこれに対し、「本当にありがとうございます!できるだけ早くこの物資を被災地にに届けたいと思います」と感謝のツイートを行っている。

 また、このカンパの模様を収録した動画を公開。淳がカンパ参加者へ「ありがとう」と声をかける様子や、参加者による被災者へのメッセージを見ることができる。

 田村淳は震災後にこの街頭カンパを計画。Twitterでカイロ、電池、懐中電灯がをもってきてほしいと呼びかけていた。淳のTwitterには、岩手県地域福祉課からもお礼のツイートが届いている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top