主婦の2人に1人が「車が欲しい」……オリコオートリース調べ | RBB TODAY

主婦の2人に1人が「車が欲しい」……オリコオートリース調べ

エンタメ 調査

車を持っていない理由は何ですか?
  • 車を持っていない理由は何ですか?
  • 車があることであなたの生活はどのように変化すると思いますか?
 オリコオートリースは3日、20~49歳の主婦に対して実施した「車に関する意識調査」の結果を公表した。調査期間は2月9日~10日。車を所有していない既婚女性500名にアンケートを行ったもの。

 まずは、「あなたは車を欲しいと思いますか?」と聞いたところ、49%の人が「欲しい」と回答。主婦の2人に1人が「車を欲しい」と感じているという結果になった。続いて「車を持っていない理由」を質問すると、1位「税金、車検、保険などの維持費がかかるから」(63%)、2位「車の必要性を感じないから」(42%)、3位は「まとまった出費がかかるから」(40%)となった。「その理由が解消されれば車を持ってもいいと思いますか?」と質問すると、75%の人が「思う」と回答。よく「若者の間では、車離れが進んでいる」と言われるが、主婦層においては、やはり車の需要は高い。「車を選ぶとき、重視するポイントは何ですか?」という質問では、もっとも多かったのが、「価格」(71%)、「燃費」(49%)、「運転のしやすさ」(38%)、「安全性」(37%)などが上位となった。

 車の需要の理由を探るため、「車があったら便利だと思うことは何ですか?」と質問したところ、「大きなもの・重いものの買い物」(77%)がトップになったほか、「遠くに行く買い物」(68%)、「旅行」(57%)、「スーパーなどでの毎日の買い物」(25%)と続き、やはり主婦にとって「買い物が便利になる」というのがポイントであるようだ。

 「車があることであなたの生活はどのように変化すると思いますか?」という質問には、「行動範囲が広がる」(79%)がトップ。以下、「外出の機会が増える」(44%)、「アクティブになれる」(36%)、「時間が短縮できる」(34%)の順で続いた。

 また車を持つうえで「面倒」だと感じる理由としては、「税金、車検、保険などの維持費」(92%)「ガソリン代の高騰」(80%)「車の点検(メンテナンス)」(76%)があげられた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top