海援隊も尾崎豊もない“新世代卒業ソング”並ぶ……10代が選ぶ“卒うた” | RBB TODAY

海援隊も尾崎豊もない“新世代卒業ソング”並ぶ……10代が選ぶ“卒うた”

エンタメ 調査

レミオロメン「3月9日」が10代の支持する卒うた1位に
  • レミオロメン「3月9日」が10代の支持する卒うた1位に
  • 2位にはいきものがかりの「YELL」が入った
  • AKB48の「桜の木になろう」も6位にランクインしている
 いよいよ卒業式のシーズンに入ったが、コカ・コーラ パークが10代の会員を対象に実施したアンケート企画「卒うたランキング」の結果を発表した。

 1位はレミオロメンの「3月9日」。前年から引き続きトップに。2004年にリリースされ、テレビドラマ「1リットルの涙」の挿入歌になったことで人気が爆発。今では卒業ソングの定番としてすっかりおなじみだ。結婚式で披露されることも多い曲で、大切な人に対する感謝や未来への決意を綴った歌詞は、仲間と離れ、新たな一歩を踏み出す学生の心境にもぴったり。

 2位はいきものがかりの「YELL」。いきものがかりがベストヒット歌謡祭2009のゴールドアーティスト賞に選ばれるきっかけとなったヒットソングだ。3位にはEXILEの初の卒業ソングである「道」が入った。

 4位以降はゆず、アンジェラ・アキ、コブクロなど実力派アーティストの楽曲がランクイン。AKB48のヒットソングも2曲ランクインしており、海援隊の「贈る言葉」、尾崎豊の「卒業」といった往年の名曲に代わる新世代の卒業ソングが並んでいる。

■10代が選んだ“卒うた”ランキング
【1位】 レミオロメン / 3月9日
【2位】 いきものがかり / YELL
【3位】 EXILE / 道
【4位】 ゆず / 栄光の架け橋
【5位】 AKB48 / 桜の栞
【6位】 AKB48 / 桜の木になろう
【7位】 アンジェラ・アキ / 手紙 ~拝啓 十五の君へ~15
【8位】 Janne Da Arc / 振り向けば…
【9位】 コブクロ / 桜
【10位】川嶋あい / 旅立ちの日に…
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top