「携帯電話にレアメタル」8割が認知するも、古い端末保持が6割半ば…ネットエイジア調べ | RBB TODAY

「携帯電話にレアメタル」8割が認知するも、古い端末保持が6割半ば…ネットエイジア調べ

エンタープライズ モバイルBIZ
あなたが直近で携帯電話・PHSを買い換えた時、古い端末はどのようにしましたか
  • あなたが直近で携帯電話・PHSを買い換えた時、古い端末はどのようにしましたか
  • あなたはこれまでに不要になった端末をリサイクルとして回収に提供したことはありますか
  • あなたが不要になった端末をリサイクルに提供したことがない理由はなんですか
  • 買い換えなどで不要になった端末で利用している機能・利用方法はなんですか
  • あなたは携帯電話・PHS端末にリサイクルできる貴重な資源(レアメタル・レアアース)が含まれていることを知っていますか
  • あなたは中古の携帯電話端末が販売されていることを知っていますか
 ネットエイジアは、「ケータイリサイクルに関する調査」結果を公表した。全国の15歳~39歳の男女、1076名の携帯電話ユーザーの回答を集計したもの。

 まず始めに回答者全員に「現在プライベートで使っている携帯電話は、初めて持ち始めた携帯電話・PHSから何台目の端末か」という質問を単一回答形式で聞いたところ、「6台目以上」が25.2%、「5台目」「4台目」が20.7%、「3台目」が13.7%、「2台目」が10.2%、「1台目(初めて持った携帯電話)」が9.5%という結果になった。性別で比較を行うと「3台目」から「6台目以上」までは男性よりも女性のほうが選んだ割合が高く、女性のほうが端末を変える頻度が高い傾向がみられた。

 続いて2台以上を使ってきた人974名に、「直近で端末を買い換えたときに、古い端末はどうしたか」を聞いたところ、もっとも多かった回答は「自宅に置いている」で65.3%。以下「自宅で電話以外の用途に使っている」が15.2%、「リサイクルとして回収に提供した」が13.3%、「ゴミとして捨てた」が2.4%、「人に譲った」が1.0%となった。不要な端末をリサイクル回収に提供したことがない理由は、「思い出の保存のため」が64.2%、「個人情報の流出が怖いから」が34.8%となった。また端末を家には置いているものの、4割弱の回答者は手元に置いているだけ、ということも判明した。

 そして回答者全員に「携帯電話・PHSの端末にはリサイクルできる貴重な資源(レアアース・レアメタル)が含まれていることを知っていたか」という質問をしてみたところ、「知っていた」が80.3%で、「知らなかった」の19.7%を大きく上回る結果になった。年代別で見ると25~29歳で「知っていた」と答えた割合が比較的高く、88.8%であった。一方で15~19歳ではその割合は低く、72.9%と全体よりも7.4ポイント低いという結果になった。

 また「中古の携帯電話端末が販売されていることを知っているか」という質問をしたところ、全体では65.6%の人が「知っていた」と回答。性別で比較をすると男性では73.0%が「知っていた」と回答、女性の58.3%を大きく上回り、両者には14.7ポイントの開きが見られた。また『SIMロック解除』という言葉の認知状況別で比較をすると「詳しい意味まで知っている」グループでは87.6%が、「(『SIMロック解除』という言葉を)知らない」グループでは47.4%が「知っていた」と答え、中古携帯電話端末の販売に関する認知状況には大差が確認できた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top