三菱電機、3D対応のホームシアタープロジェクター | RBB TODAY

三菱電機、3D対応のホームシアタープロジェクター

 三菱電機は、3D対応のホームシアタープロジェクター「LVP-HC9000D/DW」を発表。2月14日から順次発売する。価格はオープンで、予想実売価格は598000円前後。

IT・デジタル 周辺機器
LVP-HC9000D
  • LVP-HC9000D
  • LVP-HC9000DW
 三菱電機は、3D対応のホームシアタープロジェクター「LVP-HC9000D/DW」を発表。2月14日から順次発売する。価格はオープンで、予想実売価格は598,000円前後。

 同製品は、3Dの映像コンテンツの投影にも対応したホームシアタープロジェクター。Blu-ray 3D対応の再生機など3D映像の再生機器と接続し、別売の3Dメガネを使用することで、立体的な映像を高画質で楽しめるとした。

 主な仕様としては、解像度1,920×1,080ピクセル。明るさ1,000ルーメン。コントラスト比は120,000:1。毎秒24コマで製作された映像にも対応したFRC(フレームレートコンバータ)も搭載し、コンテンツに合わせて適切なコマ数に補間して映像を投影する。

 ほかにも、R(赤)、G(緑)、B(青)、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(黄)の各色を独立して調整できるカラーマネジメント機能や電動式レンズシフト機能も搭載した。

 インターフェースはミニD-Sub15ピン×1/HDMI×2/S×1/コンポジット×1など。本体サイズは幅482×高さ215×奥行530mm。カラーはミッドナイトブラックとホワイトの2色。重さは14.5kg。
《》

関連ニュース

特集

page top