KDDI、電子書籍リーダー「biblio Leaf SP02」を25日から発売……蔵書2万点のストアも用意 | RBB TODAY

KDDI、電子書籍リーダー「biblio Leaf SP02」を25日から発売……蔵書2万点のストアも用意

 KDDI、沖縄セルラーは21日、電子書籍の閲覧・保存・ダウンロード専用端末として「biblio Leaf SP02」を25日から順次発売。まずは関西、沖縄地域からとなる。専用料金プランも用意される。

IT・デジタル スマートフォン
電子書籍リーダー「biblio Leaf SP02」
  • 電子書籍リーダー「biblio Leaf SP02」
  • 「LISMO Book Store」 TOPのイメージ
 KDDI、沖縄セルラーは21日、電子書籍の閲覧・保存・ダウンロード専用端末として「biblio Leaf SP02」を25日から順次発売。まずは関西、沖縄地域からとなる。専用料金プランも用意される。

 同製品は、「CDMA 1X WIN」回線や無線LAN(IEEE802.11 b/g/n)を通じて電子書籍をダウンロード・保存・閲覧可能。画面サイズは約6型(800×600ピクセル)で、電子ペーパーを採用する。内蔵メモリは2GBで、約3,000冊の書籍を保存可能。外部対応メディアはmicroSD/microSDHCカード。1回の充電で約50冊 (13,000ページ相当)の読書が可能な省電力設計とした。本体サイズはB6サイズ程度で幅129×高さ198×奥行き9.8mm、重さは約282g。

 専用の回線プランは「biblio Leafプラン」と名付けられ、基本使用料のみの定額プランで、電子書籍コンテンツを検索、ダウンロード可能。「誰でも割シングル (特定機器)」加入時 (2年契約)の場合、月額基本使用料は525円、「誰でも割シングル (特定機器)」非加入時の場合、月額基本使用料は1,575円。

 また、電子書籍配信サービスとして、「LISMO Book Store」を同日から提供開始。小説・実用書・ビジネス書を中心とし、オープン時には約2万点を用意。今後、2011年度中には約10万点のラインアップを目指すとしている。

 当初は「biblio Leaf SP02」向けのサービスとして確立し、以後、「IS Series」をはじめとしたスマートフォン向けにもサービスの提供先を拡大していく予定。
《小口》

関連ニュース

特集

page top