「“俺が一生守るから”と言われてキュンとしました」、映画「ばかもの」出演の中村ゆりがガールズトーク | RBB TODAY

「“俺が一生守るから”と言われてキュンとしました」、映画「ばかもの」出演の中村ゆりがガールズトーク

エンタメ 映画・ドラマ

女子限定の女子会ということで、会場からの質問にも気軽に答える中村ゆり
  • 女子限定の女子会ということで、会場からの質問にも気軽に答える中村ゆり
  • きわどいシーンについても質問が飛ぶ
  • 12月18日より、有楽町スバル座、シネマート新宿他にて全国公開となる映画「ばかもの」
 12月18日より、有楽町スバル座、シネマート新宿他にて全国公開となる映画「ばかもの」の女子限定の“女子会試写会”が開催。同作に出演する中村ゆりによるトークショーも行われた。

 トークショーでは、会場に詰めかけた観客からのプライベートに関する質問にも気軽に答えるなど、女子だけを招待しての「女子会」ということで終始リラックスした雰囲気。MCから「きわどいシーンも映画にはあったが、どうだったか?」と聞かれると、「そういうシーンは、男性の方がナイーブかもしれないですよね。私は楽しんでやろうとするかな」と笑顔で答えたほか、会場から「初恋はいつか?」と聞かれると、「小学校低学年の男の子でした。『俺が一生守るから』と言われてキュンとしました(笑)。マンションの3Fでデートをしていました」と明かすなど、女子会ならではトークも展開された。

 映画「ばかもの」は、生きること、愛することの哀しみと歓びを描く究極のラブストーリーを描く作品。大学生・ヒデ(成宮寛貴)は、強気な年上の女・額子(内田有紀)にのめり込む毎日。だが、ある日突然、額子から「結婚を決めた」と別れを告げられる。ヒデは大学を卒業、就職するが、いつしかアルコール依存症に。一方の額子も事故に遭い、人生を変える大怪我を負う。別れから数年後、ともに変わり果てた姿で二人は再会する……という切ないストーリー。中村ゆりは、ヒデの友人山根ユキ役として出演している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top