ベンキュー、5,300:1の高コントラスト比で多機能な3Dプロジェクター | RBB TODAY

ベンキュー、5,300:1の高コントラスト比で多機能な3Dプロジェクター

 ベンキュージャパンは29日、4画面分割投写や壁面投写、PCレスでの投写などの多機能で、3Dにも対応するプロジェクター2製品を発表。12月3日から発売する。価格はオープン。

IT・デジタル 周辺機器
「MX711」「MX710」
  • 「MX711」「MX710」
  • 前面斜め
  • 側面
  • 背面
  • 上部
  • 4台のPCとのLAN接続による4画面同時投写のイメージ
 ベンキュージャパンは29日、4画面分割投写や壁面投写、PCレスでの投写などの多機能で、3Dにも対応するプロジェクター2製品を発表。12月3日から発売する。価格はオープン。

 2製品のラインアップと予想実売価格として、輝度3,200ルーメンの「MX711」は89,800円前後。輝度2,700ルーメンの「MX710」は79,800円前後。

 両製品は、5,300:1の高コントラスト比により、広い室内や蛍光灯を点けている部屋の中でも明るくメリハリのある画像を映し出すことができるとうたうプロジェクター。同社独自のカラーマッチングテクノロジー「6色カラーホイール」や、中間色の輝度を向上するテキサス・インスツルメンツの「BrilliantColor」を搭載する。

 LAN上に接続された複数のPC(最大8台)をLANケーブルでプロジェクターに接続して利用できる「LANディスプレイ機能」を装備。複数のPC接続時に最大で4画面の同時投写が可能となっている。また、「PJ Link」に対応しており、メーカーを問わずにPJ Link対応のプロジェクターを複数一括制御できる。

 USBポートを搭載しており、PCレスで、USBフラッシュメモリに保存した画像をスライドショー形式で投写することが可能。対応ファイルはJPG/GIF/BMP/TIFF/PNGで、PowerPointのファイルも画像で保存することにより投影できる。MPEG等の動画には非対応。

 加えて、オプションの専用3Dメガネを通して3D映像を楽しめるDLP Link方式の3Dに対応。接続可能な機器はPCとDVDプレーヤーで、3D投写の際のPCの条件として、NVIDIA Quardro seriesのグラフィックスと120Hzのリフレッシュレートが必須。また、Blu-rayディスクプレーヤーやHDMI接続には対応していない(アナログのみ)。

 おもな仕様として、解像度は1,024×768ピクセル、画面サイズは32~300型、投写距離は65型で約2m。アスペクト比は4:3(16:9の選択が可能)。ズームレンズは1.3倍。運転音はエコノミー時26dB/ノーマル時30dB。インターフェースはHDMI/ミニD-sub15ピン×2/USB/Sビデオ/ビデオコンポジットなど。10Wのスピーカーを内蔵。本体サイズは幅311×高さ104×奥行き244mm、重さは約2.7kg。付属品はリモコン/VGAケーブル/電源ケーブル/ソフトキャリングケースなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top