ベンキュー、わずか1mで95型の大画面投写が可能な超短焦点3Dプロジェクター | RBB TODAY

ベンキュー、わずか1mで95型の大画面投写が可能な超短焦点3Dプロジェクター

IT・デジタル 周辺機器

「MW814ST」
  • 「MW814ST」
  • 背面
  • 天面
  • 短い投写距離での3D立体視のイメージ
 ベンキュージャパンは28日、3D対応の超短焦点プロジェクター「MW814ST」を発表した。販売開始は3月1日。価格はオープンで、予想実売価格は79,800円前後。

 同製品は、解像度1,280×800ピクセル、輝度2,500ルーメン、コントラスト比4,000:1のDLPプロジェクター。超短焦点タイプで、距離1mで95型(16:10)の大画面投写が可能となっている。

 また、DLP Link方式の3Dに対応し、オプションの専用3Dメガネ(型番:3DGS-01)を通して3D映像の視聴が可能。3D投写で接続可能な機器はパソコンとDVDプレーヤーで、パソコンの条件として、NVIDIA Quardro seriesのグラフィックスと120Hzのリフレッシュレートが必須。また、Blu-rayディスクプレーヤーやHDMI接続には対応していない(アナログのみ)。

 おもな仕様として、画面サイズは80~300型、インターフェースはHDMI/ミニD-sub15ピン/S/ビデオコンポジット/オーディオなど。10Wのスピーカーを内蔵。本体サイズは幅287.3×高さ114.4×奥行き232.6mm、重さは約2.65kg。付属品はリモコン/ミニD-sub15ピンケーブル/電源ケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top