東芝、実売2万円前後でSD/SDHCカード対応のBDプレーヤー | RBB TODAY

東芝、実売2万円前後でSD/SDHCカード対応のBDプレーヤー

IT・デジタル その他

「SD-BD2」の本体とリモコン
  • 「SD-BD2」の本体とリモコン
  • 背面
  • SD/SDHCカードの利用イメージ
  • 画面のなかの子画面表示で特典映像などを楽しめる「BONUSVIEW」のイメージ
 東芝は、幅360mmの小型ボディでSD/SDHCカードスロット搭載のBlu-rayディスクプレーヤー「SD-BD2」を発表。11月下旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は20,000円前後。

 同製品は、突起部を除く本体サイズが幅360×高さ54×奥行き232mmの小型ボディとしたBlu-rayディスクプレーヤー。SD/SDHCカードスロットを搭載しており、カード内のAVCHD/MP3/JPEGのファイル再生が可能となっている。

 画質面は、「1,080/24pダイレクト出力」や「ディープカラー出力」、「xvColor」に対応。音質面では、5.1chサラウンドシステムなどと同軸デジタル端子で接続し、迫力のサラウンド音声を楽しめる「デジタル同軸音声出力」や、「ドルビーTrue HD」、「DTS HD Master Audio」などのHDMI出力に対応。アンプとHDMI接続することで7.1chサラウンド再生が可能となっている。

 同社製デジタルハイビジョンテレビ「REGZA(レグザ)」と連動する「レグザリンク」のほか、「BD-LIVE」や、画面のなかに画面を表示するピクチャー・イン・ピクチャー方式により特典映像などを楽しめる「BONUSVIEW(ボーナスビュー)」に対応する。

 インターフェースはHDMI出力/映像出力/アナログ2ch音声出力/デジタル音声出力(同軸)/LANなど。本体の重さは1.74kg。付属品はワイヤレスリモコン/映像・音声接続コードなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top