レノボ、グラフィックス機能の自動切替が可能な14.1型/15.6型ノートPC | RBB TODAY

レノボ、グラフィックス機能の自動切替が可能な14.1型/15.6型ノートPC

IT・デジタル ノートPC

14.1型液晶「ThinkPad T410s」
  • 14.1型液晶「ThinkPad T410s」
  • T410sに搭載のマルチタッチ対応タッチパッドの操作イメージ
  • 15.6型液晶「ThinkPad T510」
  • 両製品に搭載の指紋センサーの操作イメージ
 レノボ・ジャパンは13日、高性能ノートPCThinkPad Tシリーズ」の新製品として、「NVIDIA Optimus テクノロジ」搭載モデルを2製品発売した。価格はオープンで、同社直販サイト価格は、14.1型液晶「ThinkPad T410s」が232,050円、15.6型液晶「ThinkPad T510」が207,900円。

 両製品は、1月に発売された従来モデルに、PCの使用状況に応じてグラフィックス機能をシームレスで自動的に切り替える「NVIDIA Optimus テクノロジ」を搭載した新モデル。必要に応じて、統合型グラフィックスから、NVIDIAの内蔵グラフィックスに自動で「スイッチ」することで、パフォーマンスとバッテリの最適化を両立するという。

 そのほかに両製品の共通仕様として、OSはWindows 7 Professional(64ビット版)、CPUはCore i5-560M(2.66GHz)、メモリは4GB(最大8GB)、光学ドライブはDVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)。1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tの有線LANのほか、WiMAXやBluetooth2.1+EDRのワイヤレスに対応。200万画素webカメラ/指紋センサー内蔵。

 T410sは、LEDバックライト付き14.1型液晶(解像度1,440×900ピクセル)ディスプレイ搭載。HDDは250GB。インターフェースはUSB2.0×3/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/3in1メディアカードリーダーなど。タッチパッドはマルチタッチ対応。バッテリは6セルで連続駆動時間は約4.7時間。本体サイズは幅337×高さ21.1~25.9×奥行き241.5mm、重さは約1.79kg。

 T510は、LEDバックライト付き15.6型液晶(解像度1,600×900ピクセル)ディスプレイ搭載。HDDは320GB。インターフェースはUSB2.0×4(うち1つはeSATA共用)/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/5in1メディアカードリーダーなど。タッチパッドはマルチタッチ対応。バッテリは6セルで連続駆動時間は約8.4時間。本体サイズは幅372.8×高さ32~35.8×奥行き245.1mm、重さは約2.72kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top