ヤマハ、iPod/iPhoneの高音質再生に対応するプリメインアンプ | RBB TODAY

ヤマハ、iPod/iPhoneの高音質再生に対応するプリメインアンプ

IT・デジタル その他

「A-S300」
  • 「A-S300」
  • 付属のワイヤレスリモコン
  • 左右対称の基盤レイアウト
  • 大型スピーカーターミナル
 ヤマハは、定格出力60W×2/最大出力100W×2のパワーを持ち、低音の質感と力感にこだわり、iPod専用の高音質Dockポートを新搭載したプリメインアンプ「A-S300」を発表。11月中旬から発売する。価格は40,950円。

 同製品は、左右対称の基板レイアウトと左右独立アルミ押し出し材ヒートシンク、不要共振を抑制する「アートベース」などを効果的に組み合わせた左右対称コンストラクションを採用。また、同社の高級プリメインアンプでも定評のカーボンシース・ブロックケミコンやバナナプラグ対応の新開発大型スピーカーターミナルなどを搭載。上級機種並みの設計ながら普及価格帯としたモデルとなる。

 定格出力は60W×2(8Ω)、最大出力は100W×2(8Ω)としたディスクリート構成の高音質パワーアンプを搭載。電源部や給電ラインに充分な余裕を持たせ、あらゆるタイプのスピーカーに対応するローインピーダンス駆動対応設計を採用し、低音の質感と力感にこだわったという。

 同社製で別売のiPod用ユニバーサルドック「YDS-12」/iPod用ワイヤレスシステム「YID-W10」を使用し、iPodやiPhoneの音楽をより良い音で楽しめる新設計の専用高音質Dockポートを装備。iPod/iPhoneからのアナログ音声信号(アンバランス)とGNDをバランス受けし、増幅処理することで電源系ノイズやデジタル系ノイズを解消。さらに、Dockポート用の電源は専用の独立電源回路から供給することで、接続するiPod/iPhoneから音質的影響を受けないように配慮した。

 そのほかに、信号経路を最短化して音の純度を高めるピュアダイレクトスイッチを搭載。使用条件に応じた最適な音質補正を可能とするコンティニュアス・ラウドネスを装備。アンプ内蔵型サブウーファーが接続できる専用RCA出力端子や、A/B切り換えや同時出力が可能な2系統のスピーカーターミナル(バナナプラグ対応大型タイプ)を備えた。

 外観デザインは、シルバーヘアラインのアルミフロントパネルと指に馴染む伝統的シェイプの操作ノブをいかしたシンプルで美しい仕上げ。本体はもちろん、同社製チューナー、CDプレーヤー、iPod/iPhone(Dockポート経由で接続した場合)も操作可能なワイヤレスリモコンを付属。音声入力は6系統(チューナー/CD/ライン×3/フォノ〔MM〕)、音声出力は2系統(レックアウト×2)。本体サイズは幅435×高さ151×奥行き387mm、重さは9kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top