総務省、サイトに個人情報を誤って掲載…「光の道」構想に関する再意見募集で | RBB TODAY

総務省、サイトに個人情報を誤って掲載…「光の道」構想に関する再意見募集で

 総務省(総合通信基盤局)は9日、総務省のホームページ上に掲載したファイルに個人情報等が含まれていたことが判明したとして謝罪文を掲載した。

エンタープライズ セキュリティ
9日時点の「『光の道』構想に関する再意見提出者の一覧」(一部抜粋)
  • 9日時点の「『光の道』構想に関する再意見提出者の一覧」(一部抜粋)
  • タスクフォースによる「光の道」工程表
 総務省(総合通信基盤局)は9日、総務省のホームページ上に掲載したファイルに個人情報等が含まれていたことが判明したとして謝罪文を掲載した。

 昨日8日14時に報道発表された「『光の道』構想に関する再意見募集の結果」において、「提出された再意見」および「提出された意見」の提出者名が閲覧できる状態となっていた。ファイル閲覧ソフトの一部機能を利用することにより、計535名分の再意見等提出者名が閲覧できたという。同日19時半頃、外部からの問い合わせにより発覚した。

 同省では、ただちにホームページ上の「提出された再意見」および「提出された意見」のファイルから、個人情報等を削除した。現在該当する関係者に対し、個々に報告と謝罪を行っているという。今後は、公表前に公表作業担当者以外の者が再確認するなど、厳重かつ適正な管理を徹底していくとしている。

 なお、「光の道」構想に関する再意見募集には、773件の再意見(このほか、「光の道」構想に関して47件の意見提出があり、合計820件)が提出された。提出された再意見については、総務省ホームページの「報道資料」欄及び電子政府の総合窓口[e-Gov]の「パブリックコメント」欄に掲載される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top