ソニー、3D対応テレビにBD/HDD内蔵で録画機能を強化したオールインワンモデル | RBB TODAY

ソニー、3D対応テレビにBD/HDD内蔵で録画機能を強化したオールインワンモデル

IT・デジタル テレビ

3D対応でLEDバックライト採用のHX80Rシリーズ(40HX80R)
  • 3D対応でLEDバックライト採用のHX80Rシリーズ(40HX80R)
  • HX80Rシリーズに付属のリモコン
  • HX80Rシリーズの3D表示のイメージ
  • 本体側面に搭載したスロットインタイプのBlu-rayディスクドライブ
  • 2D対応でLEDバックライトではないEX30Rシリーズ(32EX30R)
  • EX30Rシリーズに付属のリモコン
 ソニーは26日、液晶テレビブラビア」の新製品として、Blu-rayディスクレコーダー/HDDを1台に搭載した3D対応の「HX80Rシリーズ」シリーズと、同様にBD/HDDを内蔵した3D非対応の「EX30Rシリーズ」シリーズを発表した。ともに年末商戦向けの製品となる。

 HX80RシリーズはLEDバックライトを採用し、55V型「KDL-55HX80R」/46V型「KDL-46HX80R」/40V型「KDL-40HX80R」の3製品で12月5日から発売。EX30RシリーズはCCFL(蛍光管)バックライトを採用し、32V型「KDL-32EX30R」/26V型「KDL-26EX30R」の2製品で11月30日から発売。価格はオープンで、予想実売価格は、55HX80Rが440,000円前後、46HX80Rが360,000円前後、40HX80Rが300,000円前後、32EX30Rが150,000円前後、26EX30Rが145,000円前後。

 いずれもSonyStyleでも取り扱う。また、東京・銀座にあるソニーショールームとソニーストアの名古屋/大阪にて11月上旬から先行展示を行なう。

 上位のHX80Rシリーズは3Dに対応するが、3D視聴には別売りの「3Dシンクロトランスミッター」(直販価格は5,000円)と「3Dメガネ」(予想実売価格は12,000円前後)の購入が必要となる。また、Blu-rayディスクドライブを内蔵したことで、3D放送だけでなくBlu-ray 3Dディスクのコンテンツ再生も1台で対応する。そのほか、「スカパー!HD」のハイビジョン録画「スカパー!HD録画」にも対応しており、従来の番組に加え、3D専門チャンネルによる3D番組の視聴と録画も可能。「スカパー!HDチューナー」と接続すれば、その番組表に連動して同シリーズでの録画予約が簡単に行なえる。

 加えて、HX80RシリーズはバックライトにLEDを採用しており、独自の4倍速技術との組み合わせで、鮮明な3D映像の視聴が可能とうたう。また、2D映像視聴時にリモコンの「3Dボタン」を押すと擬似的な3D映像に変換表示する「2D→3D変換機能」を備えている。

 全機種共通の特長として、地上デジタル・BS・110度CS×2のデジタルチューナーを搭載し、HDDは500GB。Blu-rayディスクレコーダーはスロットインタイプのドライブで、Blu-ray/DVDディスクの録画・再生に加え、Blu-rayディスクの記憶容量を128GBにまで拡大した大容量新規格「BDXL」の録画・再生にも対応する。

 2番組を同時にフルHD画質で約11倍長く記録できる「11倍フルハイビジョン録画」機能を装備(11倍はHDD、Blu-rayディスクにBS・CS110度デジタル放送をDRモードで録画した場合と、ERモードで録画した場合の比較)。また、2番組ともに長時間モードで録画をしていても、BD-ROMソフト、Blu-ray 3Dディスクの再生や、「追いかけ再生」、「早見再生」、HDDからBlu-rayディスクへの「高速ダビング」ができる(Blu-ray 3D再生は3D対応のHX80Rシリーズのみ)。

 好きなタレントの名前や、興味のあるジャンルなどを登録するだけで、条件に合った番組を探して自動で録画する進化した「x-おまかせ・まる録」を搭載。スマートフォン向けにβ版のサービスとして試験公開中のwebアプリケーション「Chan-Toru」を使えば、外出先からでも好きなときに番組の録画予約や、録り貯めた番組コンテンツの整理が行なえる。

 また、他のAV機器との連携・ネットワーク機能を強化。写真を取り込み、好きな音楽を選べば音楽付きのフォトビデオ作品を自動で作成できる「x-Pict Story HD」に対応し、完成した作品は、Blu-ray/DVDディスクにダビングすることもできる。

 HX80Rシリーズは、解像度が1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応し、映像部・高画質機能として、モーションフロープロ240Hz、ブラビアエンジン3、CREAS 3、アドバンスト・コントラストエンハンサー、Deep Color、BRAVIAプレミアムフォト、おまかせ画質センサーを搭載。内蔵スピーカーは10W×2。

 EX30Rシリーズは、解像度が1,366×768ピクセルのハイビジョンに対応し、映像部・高画質機能として、ブラビアエンジン3、CREAS 3、アドバンスト・コントラストエンハンサー、Deep Color、おまかせ画質センサーを搭載。内蔵スピーカーは8W×2。

 共通仕様は、音声部・高音質機能としてフルデジタルアンプの「S-Master」、「S-Force」フロントサラウンドを搭載。インターフェースは、HDMI×3/D5×2/ビデオ入力×2/ミニD-sub15ピン/USB/LAN/光デジタル音声/ヘッドホンなど。

スタンドを含む本体サイズと重さは次のとおり。55HX80Rは本体サイズが幅127.8×高さ79.7×奥行き35cmで重さが31kg、46HX80Rは本体サイズが幅108.5×高さ68.8×奥行き26cmで重さが24.5kg、40HX80Rは本体サイズが幅95.2×高さ61.6×奥行き25 cmで重さが20.9kg、32EX30Rは本体サイズが幅80×高さ53.4×奥行き25 cmで重さが15.4kg、26EX30Rは幅67.2×高さ46.1×奥行き25 cmで重さが13.1kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top