東芝、液晶テレビ「REGZA」のHDD内蔵モデルなどに新サイズを追加 | RBB TODAY

東芝、液晶テレビ「REGZA」のHDD内蔵モデルなどに新サイズを追加

 東芝は、液晶テレビ「レグザ(REGZA)」の新製品として、LEDバックライト採用でHDDを内蔵する「HE1」シリーズに32V型「32HE1」と、バックライトに冷陰極蛍光管(CCFL)を採用した「A1」シリーズに40V型「40A1」/32V型「32A1」を追加すると発表。価格はオープン。

IT・デジタル テレビ
32HE1
  • 32HE1
  • 40A1
  • 32A1
 東芝は、液晶テレビレグザ(REGZA)」の新製品として、LEDバックライト採用でHDDを内蔵する「HE1」シリーズに32V型「32HE1」と、バックライトに冷陰極蛍光管(CCFL)を採用した「A1」シリーズに40V型「40A1」/32V型「32A1」を追加すると発表。価格はオープン。

 発売日と予想実売価格は、32HE1が8月下旬からの発売で、150,000円前後。A1シリーズは8月上旬からの発売で、40A1が130,000円前後、32V型が85,000円前後。

 HE1シリーズは、ダブルの地上・BS・110度CSデジタルテレビチューナーとアナログテレビチューナーを搭載したハイビジョン液晶テレビ。バックライトにLEDを採用した「LEDレグザ」をうたい、500GBのHDDを内蔵しているのが特長。USB接続の外付けHDDへの録画にも対応し、USBハブ(別売)を利用すれば最大4台までの同時接続が可能となっている。

 すでに26V型/22V型/19V型が発売されており、おもな仕様はHE1シリーズ共通。32V型は本体カラーがブラック、本体サイズが幅78.9×高さ57.7×奥行き24cm(スタンド含む)。

 A1シリーズは、シングルの地上・BS・110度CSデジタルテレビチューナーとアナログテレビチューナーを搭載したハイビジョン液晶テレビ。バックライトにCCFLを採用する。4月に26V/22V/19V型を発表したが、今回発表の40V型/32V型を含め、いずれも発売は8月上旬となる。

 おもな仕様はA1シリーズ共通で、40V型は本体サイズが幅97.6×高さ66.5×奥行き24.7cm(スタンド含む)。32V型が同幅78.6×高さ56.7×奥行き22.4cm(スタンド含む)。両製品とも本体カラーはブラック。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top