ソーシャルアプリの“寿命”、「1日未満」と「2か月以上」で2極化 ~ サイバー・バズ調べ | RBB TODAY

ソーシャルアプリの“寿命”、「1日未満」と「2か月以上」で2極化 ~ サイバー・バズ調べ

 サイバー・バズは15日、ソーシャルメディア研究所(旧ブロガートレンド研究所)において、「ソーシャルアプリの利用実態」に関する調査結果を公開した。それによると、ソーシャルアプリの“寿命”の二極化が明らかになったという。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
1アプリあたりのプレイ日数
  • 1アプリあたりのプレイ日数
  • 1日あたりのプレイ時間
  • 今までに利用したアプリ数
  • ゲーム内での課金経験
 サイバー・バズは15日、ソーシャルメディア研究所(旧ブロガートレンド研究所)において、「ソーシャルアプリの利用実態」に関する調査結果を公開した。それによると、ソーシャルアプリの“寿命”の二極化が明らかになったという。

 調査対象は、同社サービス「CyberBuzz」の登録者などのソーシャルメディアユーザーで、965サンプルの回答を得た(全国10~70代、男性・女性)。調査期間は6月30日~7月8日。

 「ソーシャルアプリを利用したことがある」と回答したユーザーに、「1アプリあたりのプレイ日数」について質問したところ、もっとも多かったのが、22%の人が回答した「1日未満」だった。しかし、これに次ぐのが「2~3か月程度」20%、「半年以上」19%という結果となり、ソーシャルアプリの利用は“超短期”か“長期”かの二極化となっていることが判明した。

 また「1日あたりのアプリ利用時間」については、アプリユーザーの約70%が「1時間未満」と回答。「今までに利用したことのあるアプリ数」も、「1~5個」が56%、「6~10個」が25%となり、少数にとどまっている人が多く見られた。なお、アプリ内での課金の有無については、アプリユーザーの約10%が課金を経験しており、最高課金金額は、月間70,000円だった。

 同社では、「ソーシャルアプリにおいては、ユーザーの参加ハードルは低いものの、長期に利用してもらうにはユーザーマッチングが重要である」としている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top