dアニメストア、「見る」だけでなく「聴く&買う」も可能に | RBB TODAY

dアニメストア、「見る」だけでなく「聴く&買う」も可能に

IT・デジタル ソフトウェア・サービス

田中担当部長と黒崎さんのフォトセッション
  • 田中担当部長と黒崎さんのフォトセッション
  • NTTドコモ プラットフォーム推進部 担当部長 田中伸明氏
  • dアニメストアの会員はすでに200万人
  • ミュージッククリップやノンテロップ映像などコンテンツを充実
  • 見るだけのdアニメから聴く、買うといったサービスも
  • 今回追加されたサービス
  • ミュージッククリップの視聴方法
  • ミュージッククリップのサンプル動画。アニメソングの歌手などのミュージッククリップが視聴できるが、料金は据え置き
 NTTドコモは22日、dアニメストアに関する新しい取り組みについての記者発表を行った。

 dアニメストアは、契約している携帯電話会社やデバイスを問わずアニメコンテンツが月額固定(月額400円※税別)で見放題というサービスだ。現在会員数は200万人、配信コンテンツは1600作品となっている。

 発表会に登壇したNTTドコモ プラットフォーム推進部 担当部長 田中伸明氏が「東京で桜の開花宣言がでたように、本日の発表がドコモの来季に向けた開花宣言になるようなサービスにしたい」と述べた新しいサービスは、アニメソングのミュージッククリップ配信とアニメグッズのオンラインショッピング。これによりdアニメストアは「見る」だけでなく「聴く」「買う」といったサービスにも広がることになる。

 アニメソングのミュージッククリップは、オープニングやエンディングの主題歌だけでなく、アーティストの映像、ノンテロップアニメ映像、dアニメストア限定のオリジナル映像などを配信していくという。23日のサービス開始時には180曲を予定している。

 アニメグッズの販売は、「アニメイト」とアライアンスを組み、dアニメストアのサイトに「アニメイトオンラインショップ dアニメストア店」を設置し、同サイトが扱う商品を購入することができる。また、会員限定キャンペーンなども企画していくという。

 田中氏いわく、アニメ市場は、作品本編だけでなく主題歌や挿入歌、声優キャラの楽曲、さらには歌っているアーティストのCDなど横の広がり大きい。さらに、ぬいぐるみやフィギュア、グッズ類も大きな市場となっている。もともとキャリアフリー、デバイスフリーで、携帯電話会社の枠を超えたサービスとして始まったdアニメ(dマーケット)だが、今回アライアンスを含むビジネス領域の拡大を目指すものといえる。

 なお、今回の発表では動画再生にHTML5に対応したプレーヤーの導入もアナウンスされた。PC版ではGoogle Chrome、Microsoft EdgeでHTML5プレーヤーが利用できるようになる。

 質疑応答で、「動画配信やアニメ視聴サイトはいくつかあるが、dアニメとして競合と思われるサービス、または目指しているサービスはあるか」という質問に対して田中部長は、「1600作品を月額400円で見放題というサービスは他にはあまりないと思う。むしろ、作品を通じてdアニメ、dマーケットの認知度をあげ、利用者をいかに増やしていくかを目指しているのであって、特定のサービスを競合相手としたり目指したりしていることはない」と回答した。

 キャリアの契約ありきのサービスとは一線を画すといったところだろう。いかに利用者を増やすかという点については、今回180曲の楽曲が追加され、グッズ販売などサービスが広がるが、月額の利用料は400円と据え置かれていることからも伺える。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top