日本オラクル、「AutoVue Enterprise Visualization」最新版を提供開始 ~ 3Dウォークスルーなど追加 | RBB TODAY

日本オラクル、「AutoVue Enterprise Visualization」最新版を提供開始 ~ 3Dウォークスルーなど追加

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

AutoVue 3Dウォークスルー機能(紹介動画より)
  • AutoVue 3Dウォークスルー機能(紹介動画より)
  • オフライン機能
 日本オラクルは5日、製造業の製品開発や電力施設などの社会インフラ関連施設の保守業務における技術情報などの可視化と連携を支援するアプリケーションの最新版「AutoVue Enterprise Visualization 20.0」の提供を開始した。

 「AutoVue Enterprise Visualization」は、企業の経営者や担当者、および顧客やパートナーなどの外部関係者と製品情報や技術情報を閲覧・共有するエンジニアリング・コラボレーション製品。475種類以上のデータ閲覧機能とWebベースのコラボレーションにより、製品開発や大型施設の保守業務に携わる関係者は、製品情報を閲覧・共有することが可能となる。

 最新版の「20.0」では、電子機器、半導体、産業機械などの技術情報や製品情報のWeb環境による可視化とコラボレーション機能に加え、「AutoVue 3Dウォークスルー機能」「オフライン機能」など、電気・ガス・水道などのライフライン、プラントエンジニアリング、重工業など大型設備の保守業務を支援するための機能強化が中心となっている。「AutoVue 3Dウォークスルー機能」では保全担当者が実際に作業する現場を3次元の仮想空間で再現し、作業経路や作業装置を表現。仮想空間において点検個所の確認とアノテーション(コメント)の共有が可能となった。「オフライン機能」では保守担当者がネットワークに接続できない状況下でも、大型設備の設計図面などの技術情報を堅固なセキュリティーのもとローカルで管理し、ネットワークに接続した際更新情報をサーバにアップロードして、最新データの共有が可能となるもの。

 その他、複数ユーザーによる同時作業の機能追加により、ファイルの同時比較やアノテーションの同時追加など履歴管理が強化された。対応データの拡充により475種類のデータフォーマットにも対応する。PLMアプリケーション「Agile PLM」、ERPパッケージ「Oracle E-Business Suite」、コンテンツ管理製品「Oracle Universal Content Management」、プロジェクト・ポートフォリオ管理製品「Primavera Enterprise Project Portfolio Management」等と併用することで、既存資産の有効活用を支援。単一ソリューションとしての導入も可能。

 「AutoVue Enterprise Visualization 20.0」の構成は、「AutoVue Office」「AutoVue 2D Professional」「AutoVue 3D Professional Advanced」「AutoVue EDA Professional」「AutoVue Electro-Mechanical Professional」の各モジュール。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top