NEC、無線LANに対応したIP告知放送「安心おしらせシステム」発売……Android端末に情報配信 | RBB TODAY

NEC、無線LANに対応したIP告知放送「安心おしらせシステム」発売……Android端末に情報配信

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「安心おしらせシステム」の構成例
  • 「安心おしらせシステム」の構成例
  • IP告知放送端末「CM7570TN」
  • Android端末による文字・画像表示イメージ
 日本電気(NEC)およびNECマグナスコミュニケーションズは2日、Android端末と連携可能なIP告知放送システム「安心おしらせシステム」を発表した。同日から自治体やケーブルテレビ事業者などに向けて販売を開始する。

 「IP告知放送システム」は、自治体などからの緊急放送や行政情報を、光ファイバー網やケーブルテレビ回線などを通して、住民宅などに置かれた端末へ音声で伝達するシステム。NECのシステムは、特定のグループ全体にデータを一斉配信できる「IPマルチキャスト方式」を採用しており、災害時の緊急情報などにも対応しており、これまで全国50以上の自治体にシステムを納入し、約20万台の端末を提供している。

 「安心おしらせシステム」では、新たに開発された住民宅設置用のIP告知放送端末「CM7570TN」に、無線LANのアクセスポイント機能を搭載したもの。これにより、専用アプリケーションを組み込んだAndroid端末との連携を実現した。配信された情報は自動的に表示されるため、利用者は他のアプリケーションを操作中でも、情報をすぐに確認できる。また、配信された文字や画像はAndroid端末に保存されるため、緊急時には自治体等から配信された避難経路情報を画面で確認しながら、避難できる。同時に放送センターのサーバのソフトウェアを一新し、無線LANアクセスポイントを設定、制御する機能を追加した。これにより、端末の無線LAN機能を放送センターからネットワーク経由で一元管理できる。

 「安心おしらせシステム」は現在、NECのクラウドコミュニケーター「LifeTouchB」のみに対応。順次、他の端末にも対応して行く予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top