富士通、社員参加で全国のタンポポを写メ ~ ICTを活用した「生物多様性調査」 | RBB TODAY

富士通、社員参加で全国のタンポポを写メ ~ ICTを活用した「生物多様性調査」

エンタープライズ 企業

生物多様性調査の概要
  • 生物多様性調査の概要
 富士通は11日、生物多様性保全へのICTの活用の一環として、携帯電話のカメラ機能を利用した、社員参加による全国タンポポ分布調査を行うことを発表した。

 同社の社員およびその家族が、GPS機能付きの携帯電話で撮影したタンポポに、位置情報と時刻情報を付加して、指定されたメールアドレスに送信。全国から寄せられたGPS機能付き携帯電話で撮影されたタンポポの画像をデータベースに蓄積し、地図情報にマッピングすることにより、外来種のタンポポと在来種のタンポポの全国の分布状況を把握する。送信された画像情報はデータベースに蓄積され種類別に判別され、イントラネットを介して、期間や場所などで検索・閲覧することも可能とのこと。

 調査期間は2010年4月1日~6月30日(試行期間)。富士通では、生物多様性保全へのICTの活用可能性を検証するとともに、社員が生物多様性保全の重要性を認識し活動を推進するきっかけとするとしている。なおこの調査について、5月13日~14日に東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催される「富士通フォーラム2010」に出展される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top