KDDI、RFIDリーダ/ライタ機能に対応した携帯電話を開発 | RBB TODAY

KDDI、RFIDリーダ/ライタ機能に対応した携帯電話を開発

エンタープライズ モバイルBIZ

RFIDリーダ/ライタ対応の携帯電話の利用シーン
  • RFIDリーダ/ライタ対応の携帯電話の利用シーン
  • E05SH
 KDDIは10日、法人向けに、カスタマイズ可能な法人向け携帯電話「E05SH」について、新たにRFIDリーダ/ライタ機能に対応することを発表した。

 「E05SH」は、構内PHSや無線LANに対応するSDIOカードが装着可能となっているが、RFIDリーダ/ライタ機能を搭載したSDIOカード(RFIDカード)をあらたに開発する。その後、現行のE05SHをベースにあらたな商用端末として提供するとのこと。該当端末は、今年度中に提供開始されるとともに、賛同メーカーと連携して、携帯電話を活用したRFIDソリューションの提供を進めていく予定とのこと。また、オープンなアプリケーションプラットフォームである「.net by au」についても、RFIDに対応することで、オープンなアプリケーション開発環境を提供し、RFIDを利用した総合的なビジネスソリューションへの拡張を可能とする。

 これにより、物流・物品管理の分野等で特に活用が期待されるRFIDと、携帯電話が連携し、新たなRFIDソリューション市場に対応していくとのこと。具体的には、屋外での個品管理、保守業務支援、配送・訪問業務支援、IDカード活用といったシーンでの利用が想定されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top