独身女性の安定志向顕著に〜男性に求める条件“三高”から“新御三K”へ | RBB TODAY

独身女性の安定志向顕著に〜男性に求める条件“三高”から“新御三K”へ

 アラサー&アラフォー独身OL600人の“リスク回避”とはを探る。アクサ生命が25歳〜44歳までの働く独身女性に対して「オトナの女のリスク実態調査」を実施。新たな志向が見えてきた。

エンタメ その他
将来への不安を初めて感じた年齢
  • 将来への不安を初めて感じた年齢
  • 「一生独身かもしれない」と初めて考えた平均年齢
  • 「男性に求める条件」
  • リスクヘッジが出来ていると考える女性
 アラサー&アラフォー独身OL600人の“リスク回避”とはを探る。アクサ生命が25歳〜44歳までの働く独身女性に対して「オトナの女のリスク実態調査」を実施。新たな志向が見えてきた。調査は同社の行う「女性の生き方応援プロジェクト」の一環として行われた。

 働く独身女性(25〜44歳)に、将来に対する不安度を聞いたところ、ほぼ全員(96.8%)が「将来に不安を感じる」と回答。将来への不安を初めて感じた年齢は平均で28.7歳となったほか、「一生独身かもしれない」と初めて考えた平均年齢の28.6歳とほぼ一致するなど、未婚と不安が相似をなしていることがわかる。30歳を前に周囲でも寿退社などが盛んになる年齢で、自分の将来を見つめ直す年齢とも言えそうだ。

 興味深いのは「男性に求める条件」。かつては「高収入」「高学歴」「高身長」が“三高”としてもてはやされたが、今回の調査では、「価値観が合う」が61.8%でトップ。2位に「金銭感覚が一致している」(27.0%)、3位「雇用形態が安定している」(26.3%)となっており(選択肢より3つ選択)、同社では価値観、金銭感覚、雇用をリスク回避志向の“新御三K”として新しい結婚相手観の表れだとしている。ちなみに9位に入った「高収入」(12.3%)はともかく 、「高学歴」 (1.7%)、「高身長」(1.5%)は下位に沈んだ結果となっている。

 彼女たちがリスクヘッジが出来ていると考える女性は、“カツマー”評論家の勝間和代氏がトップ。2位に女優の松嶋菜々子、3位にベッキーが入った。4位神田うの、5位松田聖子と続いており、年代別では30代がベッキー、40代が松田聖子がトップになるなど違いが見られた。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top