日本HP、iDC環境の空調管理ソリューション「HP Data Center Environmental Edge」を発売 | RBB TODAY

日本HP、iDC環境の空調管理ソリューション「HP Data Center Environmental Edge」を発売

エンタープライズ その他
HP Data Center Environmental Edge(センサーパーツ)
  • HP Data Center Environmental Edge(センサーパーツ)
 日本ヒューレット・パッカードは8日、データセンター全体のIT機器電力量の非効率性改善に寄与し、熱溜りの発見やレイアウト最適化効果の検証などを簡単にする空調管理ソリューション「HP Data Center Environmental Edge」を発表した。

 データセンターにおいて、一般的にIT機器の消費電力は全体の3割程度で、残りは空調設備や配電で消費されており、効率的な空調の管理が求められている。さらに東京都などは、電力量規制条例の強化にともない、データセンターの冷却効率向上や省電力化が大きな課題となっている。「HP Data Center Environmental Edge」製品群では、一覧表示モニターのソフトウェア「HP Insight Environmental Observer」を利用し、データセンター内の各センサーから収集した温度、湿度、風圧等の全体イメージが一覧表示され、データの視覚化を可能とする製品。リアルタイムでのデータ確認が可能で、無線方式で各センサーが配置されることで、データセンター変更のニーズに即した設置や追加およびアップグレードが簡単に行える。

 HP Insight Environmental Observerソフトウェアの利用により、ラックや床下などデータセンターの全体イメージが直感的にわかる一覧表示を通じ、データセンターから収集されたデータを可視化。詳細データを確認する際は、ドリルダウンメニューにより効率的かつ詳細に該当エリアを調査することが可能。オプションにより、データセンター全体の消費電力を、サーバなどのIT機器の消費電力で割った値であるPUEを常時表示する。

 「HP Data Center Environmental Edge」の価格は税込3,459,750円〜(200平方メートル区画、ラック60本、空調機3台での参考価格)。また、同時に「HP Data Center Environmental Edge」の顧客環境に合わせた最適な設置をコンサルティングするサービスを開始する。価格は1,575,000円〜。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top