3PAR、仮想マシンのリカバリを行うVMware vSphere向けプラグイン2種を発表 | RBB TODAY

3PAR、仮想マシンのリカバリを行うVMware vSphere向けプラグイン2種を発表

エンタープライズ その他
 米3PARの日本法人である3PARは5日、VMware vSPhereとVMware vCenter Server向けに、3PAR InFormソフトウェアのプラグイン2種「3PAR Recovery Manager for VMware vSphere」と「3PAR Management Plug-In for VMware vCenter Serve」を発表、国内の顧客に向けて供給を開始した。

 新プラグインは、いずれも仮想マシンのスナップショット取得、迅速なオンラインリカバリ、およびストレージへのマッピングを行うもの。3PAR製品とVMware製品を使用する管理者の作業を軽減し、仮想データセンターやクラウドコンピューティング環境での仮想マシンとストレージ・リソースの保護、リカバリおよび管理をシンプルかつ効率化することが特長となっている。「Recovery manager for VMware vSphere」の価格は、「InServ Storage Server」1台につき3,000ドルから(参考価格)。また、「Management Plug-In」は3PAR顧客への無償提供となる。

 「3PAR Recovery Manager for VMware vSphere」は、管理者をサポートするさまざまな機能を提供する。仮想マシンのコピーから新たに多くの仮想マシンを作成、ただちにプロビジョニングが可能。また仮想マシンのバックアップと迅速なリカバリをディスク単位で実行するため、ストレージ・リソースを効率的に利用できる。さらに仮想マシンが認識するポイントインタイムの数百ものスナップショットをエージェントを使わずに作成できるため、リカバリ作業をきめ細かく柔軟に行える。

 「3PAR Recovery Manager」はVMDK(仮想マシンディスク)、VMFS(仮想マシンファイルシステム)、個別の仮想マシン、およびVMware vSphere環境下の個別ファイルまで、保護とリカバリを自動的に実行し、管理者をサポートする。

 米国の専門調査会社であるTanejaグループが実施したストレージに関する最近の調査によると、回答者の半数以上が、現状の仮想化サーバ・バックアップやリカバリのツールならびにそのプロセスの改善を望んでいるという。ユーザーの38% が、従来のゲストOS上でのエージェント・ベースのバックアップではなく、ハイパーバイザ・ベースもしくはアレイ・ベースのスナップショットなどの、より仮想化サーバ向けに構築されたアプローチへの移行を検討していると回答した。VMwareのアライアンス担当ヴァイス・プレジデントであるParag Patel氏は「3PAR Recovery Manager for VMware vSphereと3PAR Management Plug-In for VMware vCenter Serverの連携により、VMware vCenterの管理コンソールから、シームレスかつ迅速にオンラインリカバリができるようになります。3PARのスナップショット作成機能と迅速なオンラインリカバリ機能をコンソールに直接組み込むことで、3PARとVMware vSphereは、プライベート・クラウドの構築に移行にあわせて変化する顧客のストレージ要件を簡素化し、顧客をサポートします」とのコメントを寄せている。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top