SBテレコムら、ネット×ケータイ×ARで京都観光をプロモーションする実験を開始 | RBB TODAY

SBテレコムら、ネット×ケータイ×ARで京都観光をプロモーションする実験を開始

エンタープライズ その他

「インターネット」×「ケータイ」×「AR技術」で、外国人観光客の訪日促進や観光客の京都への誘導
  • 「インターネット」×「ケータイ」×「AR技術」で、外国人観光客の訪日促進や観光客の京都への誘導
  • 「京都はんなりガイド」サイト(画像)
 ソフトバンクテレコムは25日、京都高度技術研究所、京都放送、ディレクターズ・ユニブ、頓智ドット、リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ、ソフトバンクモバイルとともに、「ICTを用いた京都観光プロモーションプロジェクト」を行うことを発表した。

 「ICT経済・地域活性化基盤確立事業(ユビキタス特区事業)」において、実施テーマの1つである「携帯電話を活用した外国人ビジター調査、多言語観光ナビゲーションを可能とする携帯端末の貸出サービスの実証」を総務省より受託したことによるもの。実験は2月より順次開始し3月末まで行われる予定。

 「ICTを用いた京都観光プロモーションプロジェクト」では、インターネットとiPhoneなどのユニバーサルな端末が持つ、情報提供者が世界中の個々人にダイレクトにアクセス可能な力を活用し、京都が有する歴史や文化を基盤とした観光資源を世界に発信して日本の観光産業活性化に貢献することを目指すという。ネットでの情報発信、ケータイのGPSを活かした情報提供機能、AR(拡張現実)を体験できるiPhoneアプリ「セカイカメラ」などを用いて、独自の観光体験を提供するとのこと。

 また、外国人観光客に対し、その外国人観光客の母国語で観光情報やナビゲーションサービスを提供する「京都の窓」(アプリケーション名:京都はんなりガイド)を構築し、iPhoneなどのユニバーサルな端末内に搭載する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top