ソニー、世界最小・最薄をうたう防水仕様のサイバーショット新モデル | RBB TODAY

ソニー、世界最小・最薄をうたう防水仕様のサイバーショット新モデル

IT・デジタル デジカメ

「DSC-TX5」
  • 「DSC-TX5」
  • 「DSC-TX5」
  • グリーン
  • ピンク
  • レッド
  • ブラック
  • シルバー
  • 製品背面
 ソニーは18日、同社のデジタルカメラ「サイバーショット」の新モデル「DSC-TX5」を発表。3月5日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。カラーはグリーン/ピンク/レッド/ブラック/シルバーの5色。

 同製品は、水深3mで60分間の撮影試験をクリアしたJIS/IEC保護等級8(IPX8)相当の防水モデル。本体サイズは幅94×高さ56.9×奥行き17.7mmで、光学式手ブレ補正機能を搭載する防水デジタルカメラとして世界最小・最薄をうたう。さらに、1.5mからの落下衝撃試験や、-10度における低温下での動作試験をクリアする堅牢性も装備する。

 受光部と配線層を反転させることで高感度を実現した「裏面照射型構造」採用の有効1,020万画素1/2.4型CMOSセンサー“Exmor R”(エクスモア アール)や広角25mmのカールツァイスレンズを搭載。暗い室内や夜景などでもノイズの少ない撮影ができるほか、高速画像処理エンジン「BIONZ」との連携によるフル画像サイズ(10MBサイズ)での秒間10枚の高速連写や、高速連写した6枚の画像を高速・高精度に重ね合わせて1枚の画像に生成する「手持ち夜景モード」などの機能を備える。

 そのほか、露出の異なる2枚の画像を撮影してカメラ内で自動合成し、白とびや黒つぶれなどを押さえた見た目に近い印象の写真を作り出す「逆光補正HDR(ハイダイナミックレンジ)」、短冊状に高速連写した最大100枚の画像を自動的につなぎ合わせ、さらに人物の顔や動きにも対応するパノラマ写真を撮影できる「スイングパノラマ(顔・動き対応)」などの機能を装備。動画はハイビジョン撮影(1,280×720ピクセル、フレームレートは30コマ/秒)に対応。外部メディアはメモリースティックデュオに加え、SD/SDHCカードも使用できる。

 おもな仕様は以下のとおり。

●DSC-TX5
・撮像素子:1/2.4型総画素数約1,060万“Exmor R”CMOSセンサー
・有効画素数:1,020万画素
・レンズ:カールツァイス「バリオ・テッサー」
・光学ズーム:4倍
・開放F値:F3.5(ワイド)〜4.6(テレ)
・焦点距離:f=4.43〜17.7mm (35mm判換算で25〜100mm)
・撮影距離:約1cm〜∞(ワイド)/約50cm〜∞(テレ)
・液晶ディスプレイ:3V型ワイド液晶(タッチパネル付き)
・内蔵フラッシュメモリ:約45MB
・外部対応メディア:メモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオ/メモリースティックPRO-HGデュオ/ SDメモリーカード/SDHCカード
・静止画保存形式:JPEG
・動画保存形式:MP4(MPEG-4)
・インターフェース:USB/AV出力
・本体サイズ:幅94×高さ56.9×奥行き17.7mm
・重さ:約144g
・付属品:USB/AVケーブル、リストストラップ、ペイントペンなど
《》

関連ニュース

特集

page top