就任から1年、オバマ大統領の評価は? 日本のオバマは「坂本龍馬」に | RBB TODAY

就任から1年、オバマ大統領の評価は? 日本のオバマは「坂本龍馬」に

エンタメ その他

調査結果
  • 調査結果
  • 調査結果
 就任してから1年が経過したオバマ大統領。ライフネット生命保険は2010年1月12日〜1月15日の4日間、10代〜50代の男女に「オバマ大統領に関する調査」を実施。1,000名の回答を集計した。

 オバマ大統領のイメージについて尋ねたところ、全体でトップになったのは「新鮮である(44.6%)」だった。以下は、2位が「演説が魅力的(38.7%)」、3位「革新的である(38.2%)」、4位「リーダーシップがある(24.1%)」、5位は「アメリカの多様性の象徴である(21.8%)」という結果となった。

 「リーダーシップがある」は前回の6位から4位へランクアップ。年代別で見ると、10代で「リーダーシップがある」とした人は30.0%で、全体よりも5.9ポイント高い結果となっている。一方で、30代では「革新的である」が44.5%で1位。これは全体より6.3ポイント高い数字となっている。50代では「新鮮である」が51.0%、「演説が魅力的」が44.0%とそれぞれ全体よりも5.0ポイント以上高くなっている。

 次に「オバマ大統領を支持するかどうか」について尋ねたところ、どの世代においても9割前後(全体平均:90.7%)の支持率があることがわかった。また、「就任1年目の評価(点数)」の平均得点は、64.9点(100点満点)となった。

 「日本のオバマ」と聞いて思い浮かぶ人物とその理由を自由回答形式で聞いたところ、トップは「坂本龍馬(14.2%)」、2位は「小泉純一郎(13.2%)」という結果に。「坂本龍馬」の理由としては「日本を変えた人物だから」「革新的」「時代を切り開くリーダーシップ」といった理由が多く挙げられた。また、2位「小泉純一郎」の理由としては、「演説のうまさ」「改革的」「大胆な政策」といった理由が多かった。3位以下は、ノッチ(デンジャラス)、鳩山由紀夫、織田信長、田中角栄、豊臣秀吉、橋下徹、徳川家康、舛添要一などの名前が挙がった。
(ライフネット生命調べ)
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top