国内最大規模、「デジタルサイネージ福岡実験」がスタート | RBB TODAY

国内最大規模、「デジタルサイネージ福岡実験」がスタート

 九州先端科学技術研究所(ISIT)とインスパイアは17日、「デジタルサイネージ福岡実験(総務省地域ICT利活用モデル構築事業)」に参画することを発表した。

エンタープライズ その他
「デジタルサイネージ福岡実験」のイメージ
  • 「デジタルサイネージ福岡実験」のイメージ
  • 「車両デジタルサイネージ」のイメージ
  • コンテンツイメージ
  • ランディングページイメージ
 九州先端科学技術研究所(ISIT)とインスパイアは17日、「デジタルサイネージ福岡実験(総務省地域ICT利活用モデル構築事業)」に参画することを発表した。

 「デジタルサイネージ福岡実験」では12月23日〜2010年2月17日(予定)の期間、鉄道の駅や地下街などに設置されているデジタルサイネージ(まちなかサイネージ約500台/バスサイネージ3台・2路線)を活用して情報を配信するシステムを構築し、設置場所や時間帯などの特性に合わせた即時性のある情報(防災や観光などの公共情報)を提供する。ホームページや広報誌など既存の広報媒体との連携(クロスメディア)を図るなどにより、公共情報の広報媒体としてのデジタルサイネージの効果や、今後の展開方策について検証する。設置場所・時間帯などの特性に合わせた即時性のある情報を提供するほか、非接触型ICカード技術とデジタルサイネージの連動、マルチメディア放送波の使用(バスサイネージ)などが特徴となっている。なおデジタル放送の技術を用いて、移動体向けに一斉に情報を配信するシステム実験は、日本で初めての試みとのこと。所要額は6,800万円(全額総務省からの委託)。

 ISITとインスパイアは、COMEL、シナジーメディアと協力して、「まちなかサイネージ」に関わるシステム構築から実証実験全般に関する効果測定などに参画する。「まちなかサイネージ」実験では、福岡市内の駅や地下街にすでに設置されているCOMEL社の約500台のデジタルサイネージ「福岡街メディア」を利用し、市民サービスの向上、地域コミュニティの活性化のため、福岡市民、来訪者へ防災や観光の公共情報を提供し、その効果を検証する予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top