デジタルサイネージにWebコンテンツを配信 〜 ヤフーとCOMELが実証実験 | RBB TODAY

デジタルサイネージにWebコンテンツを配信 〜 ヤフーとCOMELが実証実験

エンタープライズ その他

 ソフトバンクグループのCOMELとヤフーは9日、COMELが運営するデジタルサイネージ「福岡街メディア」で、インターネット広告の効果を実証する実験を開始した。

 今回の実証実験では、COMELが福岡市内に展開するデジタルサイネージに、「Yahoo! JAPAN」上で展開しているさまざまなコンテンツと広告を配信し、視聴者の属性および配信されたコンテンツと広告の視認率を、ディスプレー付近に設置した顔認識カメラとNEC製の顔認証技術を用いた広告価値測定システムを用いて計測する。また、配信された広告がどのくらい認知・理解されたかについて、アンケート調査により把握し、両者の結果に基づいて、デジタルサイネージの効果を定量的・定性的に検証するという。実験の期間は4月1日〜7月31日。福岡街メディアの500以上のデジタルサイネージに、設置位置や時間帯別の想定属性に応じて、複数パターンの広告やヤフーコンテンツを配信するという。

 ヤフーは、あらゆる端末機器からのインターネット利用を促進する「Yahoo! Everywhere構想」を提唱し、コンテンツと広告の配信を進めており、今回の実証実験の結果をもとにデジタルサイネージ事業への具体的な展開を図っていくとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top