ビットアイル、デジタルコンテンツ制作事業者向けクラウドサービスを提供 | RBB TODAY

ビットアイル、デジタルコンテンツ制作事業者向けクラウドサービスを提供

エンタープライズ その他
国内コンテンツ市場の流通メディア別推移(出典 ヒューマンメディア)
  • 国内コンテンツ市場の流通メディア別推移(出典 ヒューマンメディア)
  • Cloud ISLEサイト(画像)
 ビットアイルは14日、デジタルコンテンツ制作・編集向けに業種特化型クラウドサービス「デジタルコンテンツ制作事業者向けオンデマンドサービス」の提供を開始した。

 「デジタルコンテンツ制作事業者向けオンデマンドサービス」は、ビットアイルのデータセンターのサーバにHPC(High-Performance Computing)環境を構築し、デジタルコンテンツ制作・編集を行う事業者に必要な量のコンピュータリソースを提供する。2か月からという短期間利用が可能。データセンター内に入館し、処理対象のデータの持込、持ち出しもできる。

 ビットアイルは、2009年9月より「Cloud ISLE」ブランドでクラウドコンピューティングサービスを展開しており、自社保有の豊富なコンピュータリソースを活用して、「デジタルコンテンツ制作事業者向けオンデマンドサービス」を提供するという。なお、今回はハードウェアとして、HPCで実績のある「IBM System x」が採用されている。なお日本IBMは、ビットアイルの「デジタルコンテンツ制作事業者向けオンデマンドサービス」に対し、「IBM System x」を今後も継続的に提供するとともに、同製品に関する技術情報を提供するとのこと。

 ビットアイルでは、当初1年間で5,000万円の売上を目標としており、また今後も特定業種向けのクラウドサービスを順次展開し、企業の効率的かつ柔軟なITインフラ活用をサポートしていくとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top