富士通、HPC並列分散処理によりビッグデータ処理を大幅高速化 | RBB TODAY

富士通、HPC並列分散処理によりビッグデータ処理を大幅高速化

 富士通は7日、HPC技術の応用によるビッグデータ処理の高速化について、検証した結果を発表した。サーバ1台の並列処理で約12分の1に、また、サーバ2台で約21分の1に短縮するなど、良好な結果が得られたという。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
時系列モデルによる株価予測および取引シミュレーションの検証結果
  • 時系列モデルによる株価予測および取引シミュレーションの検証結果
  • 商品需要予測の検証結果
  • 分析・予測計算部分だけを別サーバに切り出し、並列分散処理
 富士通は7日、HPC技術の応用によるビッグデータ処理の高速化について、検証した結果を発表した。サーバ1台の並列処理で約12分の1に、また、サーバ2台で約21分の1に短縮するなど、良好な結果が得られたという。

 この検証は、HPCの並列分散処理技術を用いて、ビッグデータ領域におけるBusiness Analytics(BA)業務を計算するベンチマークテストとなる。株価予測から取引戦略を策定する金融分野、店舗における商品需要を予測する流通分野の2種のプログラムにおいて、HPC技術の並列効果がリニアに性能へ反映される良好な結果が得られた。

 従来、BA業務を行う際、データ収集から分析モデルの作成、分析・予測処理まで実行すると、膨大な時間がかかる場合があったが、分析・予測計算部分だけを別サーバに切り出し、並列分散処理することで、高速化が期待できる見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top