米インテル、48コア実装のプロセッサーをデモ——「未来のコンピューター」実現に向けて | RBB TODAY

米インテル、48コア実装のプロセッサーをデモ——「未来のコンピューター」実現に向けて

IT・デジタル ノートPC
公開された「シングルチップ・クラウド・コンピューター」
  • 公開された「シングルチップ・クラウド・コンピューター」
  • 公開された「シングルチップ・クラウド・コンピューター」
  • 「Core 2 Duo」の処理能力イメージ
  • 「シングルチップ・クラウド・コンピューター」の処理能力イメージ
 米インテルは現地時間2日、インテル・ラボの研究チームが48コアを集積した研究用チップ「シングルチップ・クラウド・コンピューター」(SCC)のデモを行なったと発表した。

 同研究の長期的な目標は、全く新しいアプリケーションやヒューマン・マシン・インターフェースを備えた、言うなれば「未来のコンピューター」に優れたスケール機能を付加することだという。今回の研究用チップには、シングルチップで史上最高となる48個の、完全にプログラム可能なプロセッサー・コアを集積。各コア間で情報をやり取りするための高速ネットワークもチップ上に集約され、消費電力は25W、最大の動作時においても家庭用の標準的な電球2個分相当である125Wで動作するなど、高い電力効率化が図られているとのことだ。

 インテルでは、この研究用チップ100個以上を業界や大学に提供し、ソフトウェアやプログラミング・モデルの研究開発で協力していく予定。発表によれば、現在最も普及しているCoreプロセッサーファミリーに比べおよそ10〜20倍の処理エンジンを搭載しているとし、「この規模の処理機能を搭載した未来のノートブックPCは、人間の視覚と同じように、物体や動作を高精度で認識できるようになるだろう」としている。
《小口》

関連ニュース

特集

page top