グーグル、日本語のままで世界中のWebサイトが検索可能に 〜 「翻訳して検索」機能を追加 | RBB TODAY

グーグル、日本語のままで世界中のWebサイトが検索可能に 〜 「翻訳して検索」機能を追加

ブロードバンド その他

Googleによるサンプル(「レンタサイクル ウィーン」の検索例)
  • Googleによるサンプル(「レンタサイクル ウィーン」の検索例)
  • 海外でも人気の漫画作品「ナルト コスプレ 画像」を検索してみた(通常の日本語検索)
  • 「翻訳して検索」すると、英語・中国語のサイトがヒット
 グーグルは4日、検索ツールにあらたに翻訳検索機能を追加した。日本語のキーワードを使って、そのまま、他言語で書かれた世界中のWebサイトを簡単に検索できる。

 この機能は「検索ツール」から利用可能で、検索結果ページ上部の「検索ツールを表示」というリンクをクリックして、「翻訳して検索」を選択すると、検索キーワードをその言語に翻訳して検索するというもの。検索結果は、自動的に日本語に翻訳し直して表示される。

 たとえば「レンタサイクル ウィーン」と検索して「翻訳して検索」を選択すると、Googleは自動的に検索キーワードを英語とドイツ語に翻訳し、これらの言語のWebページを検索、その検索結果を日本語に翻訳し直して表示する。また「言語の追加」を選択することで、51言語から最大3つの言語を追加できる。

 グーグルでは従来より、Google翻訳で同じような機能を提供していたが、よりWeb検索と親和性の高い形となっている。たとえば、海外のホテル、レストラン、観光地などについて現地の生の声を知りたいといった場合や、ある国際ニュースについて他の国ではどのように取り上げられているのかといったことを調べる上で有効活用できるとのこと。なお、この機能は数日かけて少しずつ展開していくとのことで、翻訳精度も日々改善される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top