【iEXPO2009 Vol.2】2010年秋発売予定のAndroid端末 | RBB TODAY

【iEXPO2009 Vol.2】2010年秋発売予定のAndroid端末

エンタープライズ モバイルBIZ

デジタルフォトフレーム型
  • デジタルフォトフレーム型
  • 平置き型:リビングなどのテーブルの上に置くことを想定している
  • 携帯型:こちら側にもカメラが搭載されるので、Wi-Fi+スカイプなどでTV電話も可能になるかもしれない
  • 携帯型の背面:こちらにもカメラ搭載
 NECは「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO 2009」の展示会場にて、新しいAndroid端末のモックアップを展示していた。展示は実機ではなかったが、2010年秋には発売すべく準備中であるとした。

 外観は写真のとおりデジタルフォトフレーム型、平置き型、携帯型の3つのモデルがあるようだ。プラットフォームにAndroidを使うということ以外、詳細なスペックはまだ確定させていないという。Android端末だが、携帯電話機能は内蔵させず、USBドングルか通信カードスロットで対応する形だ。

 NECでは、PCとスマートフォンの間を埋めるような端末を目指しているそうだ。携帯型には両面にカメラが内蔵される。ボタンは最小限だが、中央の丸いボタンはカーソルのポインティングデバイスになるという。もちろんタッチパネルにモーションセンサを内蔵したユーザーインターフェイスも搭載される。

 外観も含めて詳細スペックはどのようになるかは未定だそうだが、エンドユーザー向けの端末とするなら、ブラウザやパーソナルツールのアプリケーションを内蔵した形となるだろう。ウェブ接続が前提となりインターネットサービスやアプリケーションも自由に使えることが前提となるが、この場合、App Storeのようなモデルを考えているかどうかが気になるところだ。Androidということで、安価な業務端末のOEMプラットフォームという展開も考えられる。また、携帯型は、LTE対応が視野に入っているかもしれない。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top